フランク・ランパードは明日のチャンピオンズリーグのリール戦にフィカヨ・トモリが出場することができないことを明言。しかし、センターバックを務めるアントニオ・リュディガーの復帰には喜びを露わにした。

リュディガーはランパード政権下のチェルシーで、9月に勝利を収めたウルヴス戦の前半のわずか45分間にしか出場していない。しかし、ランパードはスタンフォードブリッジで行われるリールとの一戦でリュディガーがメンバー入りを果たすとコメントした。

「アントニオが復帰することは嬉しいことだね」と今日の記者会見で話したランパード。「ここまでいいトレーニングができている。アントニオはフィットネスを取り戻し、怪我も回復した」

「アントニオにとって(長期離脱後の実戦は)難しいものになるかもね。でも、チームの守備陣がアントニオを沢山サポートしてくれた。トレーニングでは時折、実戦形式のものやランニングメニューを取り入れた。アントニオは問題なそうだよ」

「みんながアントニオに対して言えることは、彼が試合に出場するための準備ができているということだ。自分はアントニオがハングリーなのを分かっている。アントニオはビルドアップができる素晴らしい選手なんだ。今シーズンの開幕に当たって、主力選手5人が怪我を負っていたという事実を人々は見落としているのかもしれない。負傷した5人を寂しく思うことだろう。だから、アントニオが自分たちに何をもたらしてくれるのか見ていこう」

トモリとオリヴィエ・ジルーは今日のトレーニングに参加しなかった。ランパードはトモリとジルーが明日の試合でプレーできないことをコメントし、トモリについては詳細な理由を語った。

「トモリは少しばかり腰に痛みを抱えている。それがトモリを悩ませていたんだ。だからここ数日間は様子を見る必要がある」

チャンピオンズリーグでのチャンス

12月、チームは過密日程を抱えているもののランパードは選手たちが上手くやってくれていると話し、土曜日に黒星を喫した試合から間もなく、次の試合を戦うことができることに対して嬉しさを示した。

リールとの一戦はチャンピオンズリーグラウンド16に進む上で重要な試合になる。

「いい状態だよ」とコメントしたランパード。「グループステージ突破のイメージはできている。しかし、自分たちのグループステージはタフなものだ。チームはリールとのファーストゲームを落としている。いくつか問題を抱えていた。でも、自分たちはそれらを克服し、今の順位についている。やるべきことはまだ残っているよ。だから、自分たちはこの試合に勝利して予選を突破しなければならない」

「チームにとっていくつかチャンスがある。若手選手たちにとってみれば自分たちの価値を示すチャンスだ。いいことだよ。自分はノックアウトステージがかかる緊張が張り詰めた試合が好きなんだ。もし、スタンフォードブリッジでいいパフォーマンスを披露するならば、自分たちはそのゲームで全力を尽くさなければならない」

「プレイヤーたちにとってそのことが大切なんだ。成功を収めることによって選手個人、チーム全体にとって有意義なものになるからね。チャンピオンズリーグのトーナメントを戦うことは自分たちの目標でもあるし、選手たちにとって高いレベルで戦う場にもなるんだ」

スタンフォードブリッジ

最後にランパードは自身のチームの状態についてコメント。今シーズン、チェルシーは予選で数試合白星を見逃しているものの、上々のパフォーマンスを披露している。スタンフォードブリッジではヴァレンシアとアヤックスを相手に勝ち切れず。リール戦ではそれらの結果を払拭するために何が必要なのかを監督であるランパードがコメントした。

「話すべきことは沢山あったね。アウェイゲームではゴールも奪うことができているし、いいパフォーマンスをすることができている。バーンリー戦とワトフォード戦のように、早い時間帯でゴールが生まれたらゲームの流れは変わってくるんだ」

「ホームでもいい試合運びは見せるが、45分間得点を奪えないことが多い。それがチームが直面している問題だよ。もっと自分たちにプレッシャーをかけないとね。チームはチャンスをものにしなくてはならない。特に試合序盤でね。もし、自分たちにプレッシャーをかけるのなら、それ自体をコントロールする必要があるんだ」