フランク・ランパードが冬季の移籍市場での新たな選手の獲得、そして今年最初の試合となるマンチェスター・シティ戦について語った。

冬季の移籍市場が1か月間開かれ、様々な選手の移籍の噂が飛び交う中、ランパードはもし現在のチームから誰かを放出する場合、何らかの補強を行う可能性があることを示唆した。

「アイデアはある。チェルシーは多くの選手を抱えており、出場機会の少ない選手が退団する可能性がある。選手、そしてクラブと話し合っていきたい。その後チームを更に強化していきたいが、大きく変化することはないだろう。既に新しい選手が加入していて若い選手も多いから、今はトレーニングに集中したい。これから長い1か月間となるだろう。」

チームに関しては、日曜のマンチェスター・シティ戦でこの時期遠ざかっている勝利を目指すことが最重要課題となる。

アーセナルに敗れ、アストンヴィラ戦ではプレーの質は改善されたものの試合は引き分けに終わった。ヴィラ戦後、2つの試合の相違点と勝つために必要な要素について語ったランパード。

「アーセナルとの試合、特に前半は今季最悪の出来だった。ヴィラ戦は運動量も多く、より多くのチャンスをつくった。勝つべき試合だったが、運動量に関しては悪くはなかった。アーセナル戦は動きが遅かった。シティ戦では守備面でも改善が求められる。だからきっちりと守り、スピーディーな攻めを期待する。」

「チームは特にブリッジでは良いプレーを見せているし、どの相手にも勝てる力を持っている。だから信頼はしているが、相手のレベルを考えるとベストを尽くす必要があるだろう。シティは強敵でよくまとまったチームだ。相手に多くのチャンスを与えないし攻撃力も高い。だから自分たちのプレーに集中しベストを尽くす。」

マンC戦は今年初めの試合としても、勝つことが非常に重要になる。ランパードは勝ち点で並ぶ両チームにとって、そしてチェルシーにとってトップコンディションに到達するために大事な試合となると言う。

「強い相手チームに勝つことが求められる。シティは常に上位にいるチームで、チェルシーはここ数試合調子を落としている。だからライバル相手に勝つことが大事になる。ここ数試合調子が悪く勝ち点を落としてしまった。無敗記録が続いたためそこまで順位を落としていないのが不幸中の幸いと言える。トップ4に近い位置にいる。コンスタントに勝つ必要があるため、精神的に重要な試合となるだろう。」