ルーベン・ロフタス=チークは、ユヴェントス戦でもっとできた部分があったと認識しつつ、土曜日のサウサンプトン戦に向けて精神的な強さを見せることの重要性を強調した。

トーマス・トゥヘルの時代には敗北はほとんどなく、ましてや連敗となればなおさらだ。しかし、ユヴェントスの頑強な戦いぶりにより、ブルーズに2試合連続で1-0の僅差で敗れた。

ロフタス=チークは2試合とも後半に投入されて効果を発揮したが、彼とチームメイトはユヴェントスをペナルティエリアで包囲したにもかかわらず、同点に追いつくことができなかった。

「ボールを持っていたのだから、もっとチャンスを作り、もっと危険なプレーを心掛けるべきだった」とルベンは振り返った。ユヴェントスのプレースタイルや、密集したブロックの中での守備力の高さを考えると、本来のクオリティーを発揮できなければ、彼らを崩すのは難しいだろう。チェルシーは昨季の王者であり、彼らは我々をリスペクトしていた。だからこそ、彼らは守備ラインを低く構えていたんだと思う。それが功を奏したのだから、ユヴェントスにとっては良い結果だっただろう。最後にはいくつかのチャンスがあったが、チャンピオンズリーグでは最高のパフォーマンスを発揮できなければ、敗北を喫することもある。」

この敗戦により、ユヴェントスは2試合を消化した時点でグループHの首位に立ったが、ロフタス=チークは今後の展開について自信を持っている。今のところ、彼の関心は今週末のサウサンプトン戦で勝利を取り戻すことだ。

「この大会はどのチームが勝つかわからない。グループステージで負けても仕方がない場合もある。この状況を乗り越えるために努力しなければならない。願わくば、グループステージを突破して、こういった敗戦もあったと振り返りたい。この試合を振り返って、どこを改善すればいいのかを考え、立て直す必要がある。今は精神的な部分が大事で、土曜日のプレミアリーグでは勝たなければない。」