ルベンは、士気を高める勝利、一人少ない状況、そしてラヒーム・スターリングの決勝弾を振り返る

ルベン・ロフタス=チークは、トーマス・トゥヘル率いるブルーズにとって重要な役割を担い続けている。そして昨日、彼はレスターとの対戦で、その両面を発揮し、勝利に貢献した。

この26歳の選手は3試合連続で先発出場し、前回のホームでのトッテナム戦と同様、右サイドから激しく攻め込み、レスターを追い詰めた。

しかし、コナー・ギャラガーが30分もプレーしないうちに退場すると、試合の様相は一変し、ブルーズは気迫と機転を利かせて2点のリードを築き、そのリードにしがみついた。

ロフタス=チークは、10人になったときに守備の規律を示さなければならなかったが、逆境に直面したときの集団的な努力は、その後、彼を喜ばせることになった。

「最初の20分は支配していたが、コンが退場して、それからはとてもタフなゲームになった。でも、ハーフタイムには、まだ勝てるって」ルベンが言った。」

「僕らにはクオリティがあるし、サブもたくさんいる。レッドカードを引き分けや負けの言い訳にしたくはなかった。」

「ボールの支配率は高くないが、ペースを掴んでのカウンターアタックでチャンスを作ることはできた。一人少なくなったプレスに狂奔するわけにはいかなかった。ブロックの中にいて、タイトに、コンパクトに、周りにプレーをさせ、クロスをブロックするようにしなければならなかった。」

「とても難しいことで、相手にも何度かチャンスはあったが、10人で優れた攻撃陣を相手にすれば、そういうことも起こりうる。」

「私たちはそこで立ち往生してしまった。」とロフタス=チークは言い続けた。手を抜いたりはしなかった。誰もがすべてを出し切った。ピッチの上でみんなが話していて、とてもうるさかったし、観客がエネルギーを与えてくれて、それが最後まで続いたんだ。」

「10人での勝利は最高の気分です。ドレッシングルームはとてもハッピーだ。リーズの敗戦に対するリアクションが必要だったが、それを得ることができた。」

ラヒーム・スターリングはチェルシーで先発出場し、この試合の決定打となるシュートを決め、彼そして我々の得点数を2倍にした。

「ラズはいつもゴールを狙っている」とロフタス=チークも認めていた。」

「願わくば、彼が最初のゴールを決めたことで、その門が開かれることを。彼はこれからもゴールを決め続けるだろう。彼が最初の2、3得点を決めたことは、とても嬉しい。彼はファンタスティックだったし、これからもたくさん出てきてほしいね。」

ロフタス=チークも、先週末のエランド・ロードでのトリッキーな試合から、エドゥアール・メンディがもたらしたインパクトを高く評価している。このセネガル人選手は、いくつかの重要なセーブをし、今回の勝利に貢献した。

「彼はファンタスティックだった。一つのミスで落ち込むことなく、また頑張れる。それがトッププレーヤーというものだ。」

「エドはピッチ上で素晴らしいリーダーであり、いつも後ろから彼の声が聞こえてくる。そしてもちろん、彼のGKとしての能力も素晴らしい。彼はチームにとって大きなプラスになっている。」