ジョルト・ルーヴがアル・ヒラル戦でのチェルシーのパフォーマンスを分析し、さらにトーマス・トゥヘル監督が選手たちとどのように連絡を取ったかを明らかにした。

AFCチャンピオンズリーグ優勝チームのアル・ヒラル相手に前半のロメル・ルカクのゴールで先制したチェルシーは、後半はケパのスーパーセーブにより何とかリードを保ちきった。

トゥヘル監督不在の中、メディア対応を代行していたアシスタントコーチのルーヴは、まず勝利への評価とブルースの改善点を述べた。

「チームは非常によくプレーしたが、少し自由なプレーとリズムが欠けていた。」

「少し緊張した状態でスタートし、簡単な試合ではなかった。ピッチの中で解決策を見出そうと懸命に戦ったが、簡単には見つからなかった。」

「この大会で決勝に進出することは、クラブにとって非常に重要なことだ。チェルシーは一度も優勝したことがなく、それだけに選手たちはプレッシャーを感じていたが、失点せずに、2点目を取るチャンスもあった。」

チームと連絡を取ることができたトゥヘル

「ハーフタイムにトーマスと話をしたんだ。彼は私たちと同じように、チームが少しナーバスになっていて、簡単にボールを失うことが多いと感じていたようだ。」

「ハーフタイムにその話をし、みんなが落ち着いて、より良いリズムでプレーできるように、そして難しいプレーを追求し過ぎないようにしようとした。トーマスともよく話し合い、それがチームの助けになった。」

トゥヘルがアブダビに渡航できるかはまだ不明のまま

「誰もがトーマスが一刻も早く渡航できることを願っている。彼は英国政府の規則に従い、自己隔離している。毎日PCR検査を行っており、最初の陰性結果が出れば、トーマスの渡航の可能性が出てくる。」

「みんなそれを待っているし、彼が来れば、決勝戦を一緒に楽しむことができると確信している。」

ルカクとハフェルツのパフォーマンス

「ロメルは前の試合でとてもハードに戦い、すべてを出し切ったからこそ、今日もチャンスを与えたんだ。ロメルがゴールを決めたのは運が良かったからだけど、みんな彼と一緒にとても喜んでいる。この調子で決勝戦でも決めてほしいね。」

「カイ・ハフェルツはトレーニングでとても良い1週間を過ごしたので、試合で彼のクオリティを確認するために出場させることにしたんだ。彼は自分の仕事をきちんとこなし、いい攻撃も見せたし、ディフェンスでは懸命にスペースを塞いでいた。彼はいい試合をしていたよ。」