昨日コブハムでロメル・ルカクが親友の弟であるトレヴォ・チャロバーの決めたゴールが彼にとっていかに印象に残るものであったか語った。

ルカクはテレビでクリスタルパレス戦を観戦していたが、チャロバーが見事なゴールを決めたことを喜んでいたのは彼だけではありませんでした。新加入のルカクは、その瞬間について詳しく語った。

「トレヴォがゴールを決めた後、兄のネイトと話をしていたんだ」とルカクは、かつてのブルーズのチームメイト、ナサニエル(上の写真は2013年のもの)との会話を明かした。

「トレヴォがゴールを決めて感極まったよ。兄のネイトとは1歳違いで本当に仲が良かったからね。彼が世話をしてくれたり、ロンドンのことを教えたりしてくれたんだ。弟がゴールを決めた時は信じられなかったよ。」

トレヴォは新しいチームメイトに対してTwitterのビデオで感謝の意を伝えている。