ハキム・ツィエクは、土曜日のミドルズブラ戦でゴールを決め、誕生日に得点した歴代のブルーズたちの仲間入りを果たした。

29歳の誕生日を迎えたモロッコのマジシャンは、前半右サイドのエリアライン付近から左足で角度のあるシュートを放ちチェルシーに2点目のリードをもたらし、6シーズンで5度目となるFAカップ準決勝進出を決定づけた。

ここでは、彼以外に誕生日にゴールを決め、特別な誕生日を過ごした選手たちを紹介しよう。

メイソン・マウント 2021年

ツィエクの見事な一撃の後、最初にゴールを祝福したのは、既にブルーズでバースデーゴールを決めたことのあるメイソン・マウントだった。

昨年1月10日、22歳を迎えた若きMFは、FAカップ3回戦のモアカム戦でゴールを決め、その日を祝った。

マウントは30ヤードから正確な低い弾道のシュートを決め、ブルーズはリーグ2のチーム相手に4-0で快勝した。

タミー・エイブラハム 2019年

マウントの一撃は、別のアカデミー出身者が22歳の誕生日にブルーズのためにゴールを決めたわずか1シーズン後のことだった。

2019年10月2日、タミー・エイブラハムはチャンピオンズリーグのリール戦でゴールを決め、彼の特別な日にその足跡を残した。

22分、フィカヨ・トモリからエリア内でノーマークでパスを受けたこのストライカーは、冷静にチャンピオンズリーグでの初ゴールを決め、チームの2-1での勝利に貢献した。

ジミー・フロイド・ハッセルバインク 2004年

チェルシーのバースデースコアラーの中で最も有名なのは、ジミー・フロイド・ハッセルベインクだろう。彼は、途中出場からハットトリックを達成した最初の、そして今のところ唯一のブルーとなった。

2004年3月27日、32歳の誕生日を迎えたこのオランダ人ストライカーは、ホームでのウルブス戦で先発メンバーには入らなかったが、2-1とリードされていた60分過ぎにジェレミと交代で出場し、その名を轟かせた。

77分には、フランク・ランパードが同点に追いつき、その後ハッセルバインクが20ヤードからのシュートを決め、さらにその10分後にはダミアン・ダフからのボールをゴールに押し込み、ロスタイムにはオフサイドトラップをかいくぐりハットトリックを達成、5-2の勝利を収めたのである。

ジョン・スペンサー 1995年

1995年9月11日、この日25歳の誕生日を迎えたジョン・スペンサーは、アップトン・パークで行われたウェストハム・ユナイテッドとのプレミアリーグダービーで2ゴールを決めた。

スペンサーはまず33分にロングシュートをゴール下隅に決めた。

その直後、ジュリアン・ディックスと衝突し、頭に包帯を巻かなければならなかったが、ピッチに立ち続け、後半にはルート・フリットのお膳立てでこの試合の2点目を決め、3-1の勝利を決定づけたのである。