アウェイのコソヴォ代表戦でゴールを決めたメイソン・マウント。チェルシーの選手としてイングランド代表のゴールを決めた選手のリストにその名を連ねたが、そのマウントがコメントを残した。

タミー・エイブラハムは前回の代表戦となったウェンブリーでの7-0と勝利したモンテネグロ代表戦でベンチから途中出場を果たし、代表初ゴールを記録。この勝利でイングランド代表は来夏に行われるユーロ本大会に出場が決定した。また今回のコソヴォ代表戦で勝利したイングランド代表はグループリーグトップ通過となった。木曜日のエイブラハムと同じようにマウントもベンチから途中出場。そして見事にネットを揺らした。「現実とは思えない瞬間だったよ」と試合後に話したマウント。「すぐに決まった感じがしたね。ハリー(・ケイン)がアシストしてくれたんだ。最高の瞬間だったし、誇らしいよ。家族も喜んでくれたんじゃないかな」「得点を決められそうな気がしていたんだ」とマウントは説明すると、「ハリーがフリックでパスをくれて、右足で打つか、左足で打つか迷っていたけれど、左足にボールを置いた。そしたらゴールが見えてシュートを打ったんだ」と話した。

メイソン・マウントはモンテネグロ代表戦でスタメン出場を果たしていたが、惜しくも得点を決めるには至らなかった。「モンテネグロ代表戦ではオフサイドになってしまったしオウンゴールも決めてしまいそうだった。それでもコソヴォ代表戦はとにかくインパクトを残そうと集中していたんだ」またこの試合はフィカヨ・トモリにとっても記念の試合となった。後半から途中出場を果たし、イングランド代表デビュー。一方のカラム・ハドソン=オドイはスタメン出場となっている。

代表ウィーク:トモリが代表デビューを果たし、マウントが代表初ゴールを記録