メイソン・マウントは、ヨーロッパにおける将来の若手有望選手たち20人が名前を連ねるゴールデンボーイ賞の候補に選出された。

ヨーロッパのトップリーグでプレーする21歳以下のプレイヤーを対象としたこの賞が設けられたのは2003年。選手の選出はレキップ、フランス・フットボール、マルカ、デ・テレグラーフ、そしてタイムズを含めた各大陸における新聞会社が共同で40人のリストを作成。12月の最終選考に向けて、候補者は半分の20名に絞られた。

この1年、クラブと代表で飛躍的な成長を遂げているマウントがチェルシーでのデビュー戦を飾ったのは、8月に行われたアウェイでのマンチェスター・ユナイテッド戦。その翌月には、EURO2020予選のブルガリア戦でイングランド代表デビューを果たしたしている。

1月に21歳を迎えるマウントが、ブルーズでの初ゴールをマークしたのはスタンフォードブリッジで行われたレスター・シティとの一戦。その後行われたアウェイでのノリッチ戦、ウルヴズ戦とサウサンプトン戦でもそれぞれゴールを奪っているマウントは、フランク・ランパード政権が始動してから好調なパフォーマンスを見せ続け、自身の定位置を確保している。

チェルシーアカデミー育ちのマウントは、同じ国籍を持つイングランドの新生、フィル・フォーデンとジェイドン・サンチョらと共にゴールデンボーイ賞の候補者リストに選出された。過去にこの賞を勝ち取った選手は、ウェイン・ルーニー、セスク・ファブレガス、リオネル・メッシ、キリアン・ムバッペなどが挙げられる。イングランド人選手で最後にゴールデンボーイ賞を獲得したのはラヒーム・スターリング。賞を獲得した2014年当時、スターリングはリヴァプールに在籍していた。

ゴールデンボーイ賞の受賞者は12月16日、トリノで発表予定。賞獲得の候補に選出された20人のメンバーは以下の通り:

ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリッド)アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン・ミュンヘン)ジャンルイジ・ドンナルンマ(ACミラン)イ・カンイン(ヴァレンシア)フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)マテオ・ゲンドゥージ(アーセナル)エルリング・ホランド(RBザルツブルグ)カイ・ハフェルツ(バイヤー・レヴァークーゼン)モイーズ・キーン(エヴァートン)デヤン・ヨヴェリッチ(フランクフルト)マタイス・デ・リフト(ユヴェントス)アンス・ファティ(バルセロナ)アンドリー・ルニン(レアル・バジャドリード)ドニエル・マレン(PSVアイントホーフェン)メイソン・マウント(チェルシー)ロドリゴ(レアル・マドリッド)ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)フェラン・トーレス(ヴァレンシア)ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリッド)ニコロ・ザニオーロ(ASローマ)