スタンフォードブリッジで行われたチャンピオンズリーグ、アヤックス戦はヨーロッパの舞台でも稀に見る打ち合いとなった。35分を残し4-1とビハインドを負っていたチェルシーが同点に追いつき、勝ち点1を手にしている。

8ゴールが生まれ、2つのゴールが取り消されたこの試合。さらには2人の選手が退場するなど、息をつく暇もない一戦となった。試合は開始5分の時点で1-1に。タミー・エイブラハムがオウンゴールを喫したものの、直後にジョルジーニョがPKを沈めた。前半はアヤックスがクインシー・プロメスの得点とケパ・アリサバラガのオウンゴールで2点をリードして折り返した。

後半にはドニー・ファン・デ・ビークが追加点を決め4-1。アヤックスが大きな追加点を挙げたが、フランク・ランパード率いるチェルシーは諦めなかった。セサル・アスピリクエタ、ジョルジーニョ、リース・ジェイムズの連続ゴールで11分間に3点を返したブルーズは、さらにアスピリクエタが5点目となる逆転ゴールを決めたかに思えた。

しかし、このゴールはVARによりエイブラハムのハンドと判定され取り消しに。結局試合は4-4のドローで終了した。

ワトフォード戦からは1人を変更。エメルソン・パルミエリに代わってマルコス・アロンソがスタメン入りを果たした。前線にはウィリアン、エイブラハム、クリスティアン・プリシッチが並んだ。負傷離脱していたエンゴロ・カンテとアンドレアス・クリステンセンはベンチ入りし、キャプテンのアスピリクエタはヨーロッパにおけるブルーズ通算50試合スタメン出場を達成した。

アムステルダムで行われた第3節では最初のゴールが生まれるまでに86分間を要したが、スタンフォードブリッジでは開始5分間に2点が生まれた。

キックオフから2分足らずで先制したのはアヤックス。プロメスのフリーキックがエイブラハムのオウンゴールを誘った。

しかし、チェルシーは直後に同点弾。プリシッチがドリブルでボックス内に進入すると、ジョエル・ヴェルトマンに倒されPKを獲得。これをジョルジーニョが落ち着いて流し込み、試合は1-1と振り出しに戻された。

追加点はアヤックス。右サイドからのクロスにプロメスが合わせ、スコアは2-1に。

35分には右サイド深い位置からのハキム・ツィエクのフリーキックがポストを直撃。これがケパに当たりオウンゴールに。アヤックスが3-1とリードした。

後半序盤にはエイブラハムがヘディングで狙うもゴールならず。直後にはコヴァチッチのパスから再びエイブラハムが抜け出しGKと1対1のチャンスに。しかしこれも相手GKオナナに防がれた。

55分、アヤックスはファン・デ・ビークが追加点を決め4-1。

昨シーズンのチャンピオンズリーグで準決勝に進出したアヤックスを相手に3点のビハインドを負ったチェルシー。しかしランパード率いるブルーズは諦めずに逆襲を狙った。

反撃の狼煙を上げたのはキャプテンのアスピリクエタ。プリシッチのクロスがエイブラハムに当たると、スペースに飛び込んだアスピリクエタが押し込んでスコアは4-2に。

70分にはアヤックスが2人を欠くことに。ブリントがエイブラハムへのタックルで2枚目の警告を受けると、アドバンテージの流れからカラム・ハドソン=オドイのシュートをヴェルトマンが腕で阻止してこちらも退場。

結果として得たPKをジョルジーニョが落ち着いて決め、試合は4-3に。

勢いに乗るチェルシーは3分後に同点弾。ハーフタイムにアロンソと代わってピッチに立ったリース・ジェイムズがコーナーキックのこぼれ球をボレーで沈めた。

さらにはゴール前の混戦からアスピリクエタがネットを揺らしたが、このゴールはVARによりエイブラハムのハンドと判定され、取り消された。

結局試合は4-4のドローに終わり、チェルシーとアヤックスが勝ち点1を分け合うことに。グループHはチェルシー、アヤックス、ヴァレンシアが勝ち点7で並ぶ混戦となった。しかしアヤックス相手に1勝1分としたことで、アヤックスと勝ち点が並んだ場合はチェルシーが上の順位になることが決定している。

チェルシー (4-2-3-1) アリサバラガ;アスピリクエタ(c)、ズマ、トモリ、アロンソ(ジェイムズ  HT);ジョルジーニョ、コヴァチッチ(バチュアイ 87);ウィリアン、マウント(ハドソン=オドイ 60)、プリシッチ;エイブラハム控え カバジェロ、クリステンセン、カンテ、ギルモア得点者 ジョルジーニョ(PK)5、(PK)71、アスピリクエタ 63、ジェイムズ 74警告 トモリ 42、アスピリクエタ 45

アヤックス (4-3-3) オナナ;マズラウィ、ヴェルトマン、ブリント、タグリアフィッコ;ファン・デ・ビーク、マルティネス、ツィエク(アルヴァレス 72);ネレス(スゥース 72)、タディッチ、プロメス控え ヴァレラ、フンテラール、デ・ヨング、マリン、デスト得点者 エイブラハム(OG)2、プロメス 20、ケパ(OG)35、ファン・デ・ビーク 55警告 ヴェルトマン 31、ブリント 33、プロメス 62退場 ブリント 68、ヴェルトマン 70

主審 ジャンルカ・ロッキ(イタリア)