チェルシーが序盤の失点から挽回し、プリマス・アーガイルとの対戦を制してFAカップ5回戦に駒を進めたのは、マルコス・アロンソの延長戦での決勝点とケパのPKセーブのおかげと言って間違いない。

リーグ1の挑戦者は、8分にマカオリー・ジレスフィーのヘディングで早くも先制し、我々を苦しめた。しかし、ハーフタイムが近づくと、今シーズン初の得点となったセサル・アスピリクエタの繊細なフリックで同点に追いついた。

後半の大部分はプリマスのゴールを包囲し、フルタイムまでに35本のシュートを放ったが、マイク・クーパーと規律正しいディフェンス陣を破ることはできなかった。特に、メイソン・マウントの放ったシュートのセーブは目を見張るものがあった。

アルノ・ミチェルスとジョルト・ローが率いるブルーズは、トーマス・トゥヘルが新型コロナの陽性反応が出たことで孤立していたが、延長戦の前半終了間際に突破口を開くことに成功した。アロンソが巧みな動きでゴールを決め、スペイン人フルバックの得点者が2人となった。

そして、もう一人のスペイン出身のブルーズ、ケパがPKをセーブし、同点ゴールを阻止した。ケパは、延長残り数分のところで、ライアン・ハーディーのスポットキックを完璧に読み防いだ。

プリマスは素晴らしいパフォーマンスを見せ、チェルシーを追い詰めた。しかし、明日の抽選会では、我々の名前がハットの中に入ることになる。その前に、ブルーズはアブダビに飛び、もうひとつのカップ戦、クラブ・ワールドカップに挑む。

スタメン

トゥヘルは約束通り、2週間の試合間隔が空いた選手たちをスピードアップさせるため、非常に強力な先発メンバーを起用した。実際、前回トッテナムを破ったチームからの変更点はチアゴ・シウバの代わりにアンドレアス・クリステンセンだけで、フォーメーションは再び4バックが選ばれた。

チアゴ・シウバとクリスチャン・プリシッチは、今週は地球の裏側で代表戦に参加するため欠場したが、アブダビへのフライトの前にチームに合流する予定だ。

ケネディがベンチに入った。プリマスには、元チェルシーアカデミーのジョーダン・ホートンがメンバー入りしていた。

ショッキングなスタート

序盤の波乱を、挑戦者はそれほど心配することなく乗り切った。ジョルジーニョが放ったシュートが目の前を大きく横切ったため、ビジター席のサポーターは一時不安になっただろう。しかし、8分、ホートンのフリーキックをジレスフィーが決め、観客は大喜びで立ち上がった。

この失点で愕然としたチェルシーは、即座に同点に追いつこうとする。90秒後、ロメル・ルカクからマテオ・コヴァチッチの強烈な一撃がクロスバーに弾き返される不運に見舞われた。

その後、プリマスにビッグチャンスが訪れ、彼らは一向に落ち着く気配を見せない。しかし、パヌッチェ・カマラがケパに向けたシュートは、マラン・サールの重要なブロックに阻まれた。

同点弾を目指して

前半も半ばを過ぎると、徐々に落ち着きを取り戻し、自分たちの力を発揮できるようになってきた。ハキム・ツィエクのコーナーが相手ディフェンスに混乱を起こし、ツィエクがボックスの端からシュートを打ったが、クーパーが簡単にセーブした。

30分には、またしてもバーに嫌われた。ツィエクのクロスはハドソン=オドイに届いたが、彼は至近距離でのヘディングをヒットし切ることができなかった。アスピは低い弾道のシュートを放ち、クーパーの手のひらに触れた。

36分、コヴァチッチがDFの内側から左のポストを揺らしたとき、今日は我々の日ではないのではと思い始めた。

キャプテンがチームを救う

しかし、その不安はハーフタイム5分前に一掃された。ジョルジーニョがメイソン・マウントの前に入り、右サイドをうまく使ってプリマスを切り裂いたのだ。そして、その低いセンタリングがオーバーラップしてきたアスピリクエタをとらえ、ゾラやアザールのようにバックステップを踏みながらゴールを決めたのである。

ジョルジーニョのシュートはわずかに枠を外れ、その結果生まれた、コーナーキックからルーズボールも押し込むことができず、2点目を奪うことは出来ないまま1-1、そしてSW6の素晴らしい冬の午後に、勝負は後半戦へ続いた。

後半、クリステンセンに代わってアロンソが登場。サールがポジションをシフトした。

続くチャンス

さらに攻勢を強め、ピルグリムスの背後を突いた。ルカクはツィエクの低いクロスをあと数センチのところで届かず。アロンソが次にクーパーを試したのは、ペナルティ・ボックスでのピンボールのすぐ後だった。アスピリクエタがまたもやテクニカルなシュートでネットを揺らしたが、オフサイドフラッグが上がっていた。

プリマスが全力を尽くす中、時間が刻一刻と過ぎていく。ハドソン=オドイに代わってカイ・ハフェルツが2人目の交代で入り、この選手がすぐに活躍する。ケパがダン・スカーのヘディングシュートをセーブし、すぐにハフェルツへロングキックを放った。ハフェルツはツィエクにパスを出したが、ジョー・エドワーズのインターセプトに阻まれた。

攻め立てるも決定打にかける

私たちはプリマスのドアをノックし続けた。ツィエクの巧みなパスがアスピリクエタに渡り、クーパーに阻まれ、サールはコーナーからシュートを放った。

残り20分、チャンスを逃した罰を受けそうになった。交代で入ったハーディーがスルーパスに反応し、ディフェンスを切り裂いた。しかし、ケパは素早く角度を狭め、素晴らしいセーブを見せた。

一方、ルカクからボールを受けたマウントが左足で放ったシュートは、クーパーが見事に止めた。残り15分、試合は拮抗した展開となる。ティモ・ヴェルナーがコヴァチッチに代わって登場し、延長戦を避けようとする攻撃的な動きを見せる。マウントは中盤に下がった。

オフサイドの判定やぎりぎりのディフェンスに苦しめられ、ピルグリムスは延長戦まで秒読み状態となる。コーナーキック数は20に近づき、シュート数は30を超えたが、それでも攻撃の成果は1点だけだった。

90分には、ルカクがヴェルナーをスペースに走らせたが、ジェームズ・ウィルソンがスライディングチャレンジ、プリマスのディフェンスの不屈の精神を象徴するようなものとなった。得点がないままアディショナルタイムが過ぎ、30分の延長戦となった。

延長戦での躍進

攻撃と守備の割合は90分間と同じだったが、序盤に比べると切れ味の良さが少し失われたように感じた。しかし、アディショナルタイムの1分、アロンソがゴールを決めた。

巧みな動きだった。ヴェルナーとハフェルツのコンビネーションからハフェルツが飛び出し、そのインテリジェントなカットバックが、アロンソを見つけ、アロンソは右足で自信を持ってフィニッシュした。

延長戦の後半はビジターサポートを攻める。プレー再開後、プリマスがプレッシャーをかけたが、ケパは、コーナーキックのこぼれ球に反応し、ライアン・ブルームの強烈なシュートを防いだ。

しかし、このフランス人選手はプリマスのPKに失敗し、カップ戦の熱戦にさらなるドラマをもたらした。彼のパスをインターセプトしたハーディがクリアし、サールがそれを弾いたため、主審はスポットを指さしたのだ。しかし、ビリャレアル戦、アストン・ヴィラ戦、サウサンプトン戦と同様、ケパは左側に飛び込んでハーディのシュートを防ぎ、PK阻止の名人芸を披露した。

ブルースは厳しい状況に追い込まれたが、最後まで戦い抜き、FAカップの次ラウンドへの出場権を獲得した。プリマスは多くの賞賛を受けながらデボンに戻るだろう。

チェルシー(4-2-3-1):ケパ;アスピリクエタ(c)(チャロバー 112)、クリステンセン(アロンソ h/t)、リュディガー、サール;ジョルジーニョ、コヴァチッチ;ツィエク、マウント(ソール 97)、ハドソン=オドイ(ハフェルツ 64);ルカクサブ:ベッティネッリ、シャーマン=ロー、ケネディ、バークリー得点:アスピリクエタ41、アロンソ105+1警告:ジョルジーニョ19、ハフェルツ119

プリマス(3-5-2) クーパー;エドワーズ(c)、ウィルソン、スカー、ジレスフィー、グラント(ロー95);カマラ(ブルーム94)、ホートン、マヨール(ランドール77);ギャリック(ハーディー68)、ジェフコット(エニス58)サブ:バートン、ボルトン、ルイス、クラスク得点: ジレスフィー 8警告:クーパー 102

主審:サイモン・フーパー観客数 39,959人