ビリャレアルとの初めての試合、そしてベルファストのウィンザー・パークでの初めての試合は、勝利とUEFAスーパーカップ制覇で幕を閉じた。

90分が1-1で終わり、延長戦でもゴールが決まらなかったため、PK戦までもつれ込んだ。しかし、このPK戦のために投入されたケパが2つのPKを成功させ、チームメイトとの間に歓喜のシーンが生まれ、ブルーズにとってのPK戦の不名誉に終止符を打った。ハキム・ツィエクがハーフタイム前に腕か肩を痛めてベンチへ退くと、その後のブルーズのパフォーマンスは変わってしまった。

前半45分間は、チェルシーが優勢だった。ツィエクの先制点、そしてティモ・ヴェルナーにも使い点のチャンスがあった。しかし、ビリャレアルは、ハーフタイム前、エドゥアール・メンディの好セーブと引き出し、バーに当たったシュートもあった。そして後半の早い段階で同点弾を許してしまった。ウナイ・エメリ監督率いる相手は、試合時間残り20分弱で、ジェラール・モレノが同点ゴールを決めた。このゴールにより、試合は延長戦に突入、クリスティアン・プリシッチはこの30分間で訪れた決定機をものにできず、PK戦となったが、勝利の女神はチェルシーに微笑んだ。

スタメン

王者の対決

チャンピオンズリーグ王者とヨーロッパリーグ王者によるシーズン開幕戦は、今夜のチェルシーのキャプテン、エンゴロ・カンテとビリャレアルのキャプテンが、5月に獲得したトロフィーを持ち寄り、その二つより少し小ぶりなスーパーカップトロフィーの横に並べた。UEFAスーパーカップは、1998年に同じスペインのレアル・マドリードを破って優勝した際に加え、今回の優勝で2度目となる。チェルシーは、UEFAスーパーカップでPK戦に敗れた唯一のクラブであり、2013年にはバイエルン・ミュンヘンに、2年前にはリヴァプールに敗れ、2度のPK戦を経験していますが、これは今となっては覚える必要のない記録でしょう。

両サイドから攻め立てる

今年は例年と異なり、プレミアリーグとスペインのリーガ・エスパニョーラが同じ週末に開幕するため、両チームのコンディションは理論的には一致しており、相手はフォーメーションもヨーロッパリーグ決勝のマン・ユナイテッド戦で採用した4-4-2ではなく、自分たちのやり方を優先してきた。

この試合で最初の脅威となったのは、チェルシーのウイングバック、カラム・ハドソン=オドイとマルコス・アロンソで、アロンソがコーナーを獲得した。これをツィエクがヴェルナーに渡し、ヴェルナーはボレーシュートをうまくミートさせた。しかし、ビリャレアルのゴールキーパー、セルヒオ・アセンホが機敏にセーブした。

9分、エリア外でルーズボールを拾ったカンテがシュートを放つが、わずかに枠を外れた。その直後、相手選手がシュートを打とうとしたときに、カンテがボールをはじき出し、いつものように見事なディフェンスを見せた。前半の半ばには、トゥヘルのシステムでセントラルディフェンダーが求められるように、若いトレヴォ・チャロバー が後方から飛び出し、ビジャレアルのペナルティー・エリアで混乱させたが、先制点には至らず、ヴェルナーのシュートを除けば、どちらのキーパーも大きな仕事は来なかったと言える。

ハキムのゴールで先制

続いて、自陣からのボールを3回のタッチでスペインチームのネット裏へと運んだ。自国チーム相手に粘り強いプレーを見せていたアロンソが、サイドから美しいパスをハフェルツに通し、ハフェルツはボールを中央に運んだ。このボールをツィエクが、正確さと力強さを兼ね備えたシュートを放ち、アセンホにセーブのチャンスを与えなかった。

その5分後には、相手が前半で最も危険な場面を作り出したが、メンディは代表チームメイトである、ビジャレアルの加入したばかりのフォワード、ブライエ・ディアにとって、大きすぎる障害として立ちはだかった。ハーフタイム前には、アロンソがニアポストでネットを捉えそうになったり、ツィエクのフリーキックをズマがボレーで狙い、リードを広げるチャンスはあった。怪我をしたツィエクに代わってクリスチャン・プリシッチが登場したのは前半終了3分前だったが、まだドラマは続いていた。まず、リュディガーとトゥヘルに警告が出された。トゥヘルは、自分の選手のフェアなチャレンジに警告が出されたことに不満を持っていた。そこからアルベルト・モレノがファーポストからのクロスに反応し、クロスバーを叩きつけたのだ。ゴール裏にいたチェルシーファンは、ゴールラインの右端に跳ね返ったのを見て安心した。

イエローサブマリンの反撃

後半に入ると、ハフェルツのシュートはサイドネットに突き刺さったが、ビリャレアルはメンディがクリアに失敗した後、ジェラール・モレノのシュートをポストに当て、さらにゴールに近づいた。前半に比べてスペインチームのパフォーマンスは向上しており、チャロバーはペナルティエリア内で忙しく動き回り、メンディはペルビス・エストゥピニャンのシュートを防いだ。しかし、ビリャレアルのゴールは、72分にやってきた。巧みなワンツーでチェルシーのディフェンスを切り裂き、ジェラール・モレノがゴールを決めた。延長戦では、ジョルジーニョが放ったゴール前でのシュートがディフェンダーに阻まれ、さらに、オフサイドポジションにいたプリシッチのシュートが一本はセーブされ、オンサイドからの一本はアロンソに当たった。

延長でも決着はつかず

その後、延長戦10分を経て、お互いにチャンスが生まれたが、プリシッチのシュートは、ファーポストをかすめてしまった。延長後半に入ると、チェルシーが再び優勢になり、メイソン・マウントがシュートを放ったが、キーパーにはじかれた。ビリャレアルペースとなった時間もブルーズの動きは続いていたが、効果はなく、スーパーカップは3年連続で、PK戦となってしまった。

PK戦

PKを受けるのはメンディではなくケパだった。120分が経過する直前に投入されたスペイン人ゴールキーパーは、見事にその役目を果たした。ハフェルツが一本目-失敗 - 0-0

ジェラード・モレノ - ポストの内側にあたり成功 - 0-1

アスピリクエタ - しっかりと沈めて成功 - 1-1

マンディ - ケパが右に飛び防ぐ- 1-1

アロンソ - 右に決め成功 - 2-1

エストゥピニャン - 成功 - 2-2

マウント - キーパーの左に決め成功 - 3-2

ゴメス - ケパが右にめ成功 - 3-3

ジョルジーニョ - トレードマークのスタイルで成功 - 4-3

ラバ - ケパの逆を突いて成功 - 4-4

プリシッチ - しっかりと決め成功 - 5-4

フォイス - プリシッチと同じ場所へ決め成功 - 5-5

リュディガー - 力強く成功 - 6-5

アルビオル -ケパがセーブし失敗 - 6-5

今後の予定

チェルシー(3-4-3):メンディ(ケパ119);チャロバー、ズマ(クリステンセン65)、リュディガー;ハドソン=オドイ(アスピリクエタ82)、カンテ(C)(ジョルジーニョ65)、コヴァチッチ、アロンソ;ツィエク(プリシッチ43)、ヴェルナー(マウント65)、ハフェルツ

サブ:チルウェル、エメルソン、ジェイムズ、チアゴ・シウバ、ロフタス=チーク、エイブラハム

得点:ツィエク 27

警告: リュディガー45、トゥヘル45+1、ケパ(PK戦時)

ビリャレアル(3-4-3):アセンホ;フォイス、アルビオル(c)、P・トーレス;ピノ(マンディ90)、トリゲロス(ゴメス70)、カプエ(ガスパール70)、ペドラザ(エストゥピニャン58);G・モレノ、ディア(ラバ85)、A・モレノ(モルラネス85)

サブ:ルジ、アルカセル、イボーラ、バレーノ、ペナ、ニノ

得点 G・モレノ 72

警告:ピノ 61, ラバ 119

主審 セルゲイ・カラセブ