チェルシーは、スウェーデンでマルメを1-0で破り、チャンピオンズリーグのノックアウトステージ進出に向けてまた一歩近付いた。後半にハキム・ツィエクが放った一撃で勝負が決まった。

マルメの頑強なディフェンスを打破するために、ブルースは忍耐強くプレーしなければならなかったが、その努力が報われたのは、後半開始からの11分後、チェルシーのサポーターが見守る中、カラム・ハドソン=オドイからゴール前に完璧なパスが送られ、ツィエクがゴールを決めた瞬間だった。

トーマス・トゥヘル率いるチェルシーは、マルメの数少ない攻撃を除いて試合をコントロールし、チャンスは多かった。

カイ・ハフェルツは、中心的なアタッカーとして活躍したが、マルメのゴールキーパー、ヨハン・ダーリンに阻まれ、ツィエク、マルコス・アロンソ、アンドレアス・クリステンセンもシュートを阻まれた。

さらに、クリスチャン・プリシッチが後半に交代出場し、待望の復帰を果たしたことも朗報だった。週末に行われるプレミアリーグのバーンリー戦に向けて、彼の活躍が期待される。プリシッチは、後半アディショナルタイムにリードを広げるチャンスがあったが、ゴールを決めることができなかった。

スタメン

週末にニューカッスルを破ったメンバーから3名を変更した。中盤では、エンゴロ・カンテに代えてルベン・ロフタス=チークを起用し、右ウイングバックにセサル・アスピリクエタ、左ウイングバックにマルコス・アロンソを起用したが、ゴールを決めたリース・ジェイムズとベン・チルウェルは外れた。

GKエドゥアール・メンディの前には、クリステンセン、チアゴ・シウバ、トニ・リュディガーのレギュラー3人が続き、中盤のコンビにはジョルジーニョとロフタス=チークが抜擢された。

攻撃面では、ハフェルツがラインをリードし、その両脇をツィエクとハドソン=オドイが再び固めた。

2週間前にスタンフォードブリッジで行われたホーム戦でマルメに圧勝し、ニューカッスルにも3-0で勝利したことで、チェルシー陣営は自信を深めていたが、スウェーデンの敵も我々を楽にさせる雰囲気ではなかった。

硬いマルメの守備にストレスが溜まる

試合はかなりのハイペースで始まり、前半4分には早くもチェルシーにペナルティを求める声が上がった。アスピリクエタがマルメの高い位置でボールを奪い、ハフェルツにボールを送ると、ハフェルツはアネル・アハメドホジッチのチャレンジを受けて倒れたが、主審はPKを与えなかった。

さらに、アロンソが右足でシュートを放ち、アスピリクエタがボックスの端からシュートを放ったが、GKに阻まれ、コーナーになった。

ロフタス=チークからボールを奪ったナナシはボックス内に侵入したが、青いシャツの守備陣に阻まれ、メンディがシュートをストップ。しかし、これはチェルシーに対する警告でもあった。

ブルーズがゲームを支配

マルメニュースタジアムでは、チェルシーがほぼすべてのボールを支配し、マルメのネットを揺らすことはなかったが、さらなるチャンスを生み出した。

その後、ハフェルツとツィエクがうまく連携したが、ツィエクはダーリンのスマートなセーブに阻まれ、さらにその後ツィエクがクロスを送ると、ロフタス=チークのシュートはわずかにゴールの外に外れた。

21分にはハドソン=オドイがツィエクとサイド交代してゴールを目指したが、ダーリンに防がれてしまった。

その後もツィエクにチャンスが巡ってきたが、前半30分前にはハフェルツが絶好のチャンスを得た。ロフタス=チークがマルメのバックラインから美しいパスを出したが、カイは余計なタッチをしてしまい、最終的には混戦になってシュートを打てなかった。

その後、クリステンセンのロングレンジシュートがマルメのダーリンからこぼれたが、アロンソはこのボールを拾うことができず、小さなスクランブルが発生して得点には至らなかった。

ウィングプレイでマルメを攻略

56分、ブルーズはついにマルメのゴールを破った。ウインガー、ハドソン=オドイの見事な仕事ぶりを見て、ツィエクがゴールを決めたのだ。

カラムが右サイドを駆け抜けて、寸分の狂いもないクロスを送ると、ツィエクがそのパスに飛びつき、ゴールを決めた。チェルシーのファンの前で歓声を上げ、チームメイトに感謝の言葉を述べていた。

続いて、チアゴ・シルバがツィエクのCKをゴールに向かってシュート、2点目を狙おうとしたが、マルメのディフェンダーがライン上でクリアした。

プリシッチの復帰

怪我から復帰したクリスティアン・プリシッチが、開幕戦のクリスタルパレス戦以来の出場を果たしたことで、サイドライン側ではさらに多くの物語が生まれることになった。

プリシッチはハドソン=オドイに代わって出場し、同時にロス・バークリーもツィエクに代わって出場した。プリシッチがバークリーにボールを送るが、元エヴァートンの彼のシュートはブロックされた。

しかし、この試合の最後のシーンでは、プリシッチがゴールに向かって走り、GKをかわしてシュートを放ったが、サイドネットを揺らしてしまった。

全体的に、プリシッチはすっきりとしたプレーを見せていた。15分ほどプレーしたことで、プリシッチは再びチームに戻ることができるだろう。

次の試合は?

チェルシー(3-4-3):メンディ;クリステンセン、チアゴ・シルバ、リュディガー;アスピリクエタ(c)、ロフタス=チーク、ジョルジーニョ、アロンソ;ツィエク(バークリー74)、ハフェルツ、ハドソン=オドイ(プリシッチ74)

サブ:メンバー:アリザバラガ、ベッティネッリ、チルウェル、ジェイムズ、チャロバー、サール、サウール、ヴェイル得点:ツィエク 56

マルメ(3-5-2):ダーリン、ニールセン(c)、ブロールソン、アハメドホジッチ、ベルゲット(ラーション86)、ペーニャ(レヴィッキ57)、イノセント、リエックス(オルソン57)、ラキップ(ビルマンセビッチ86)、コラク、ナナシ(ナリッチ75)サブ:エルボーグ、ディアワラ、モイサンダー、アブバカリ、グワーギス、アイレ

主審: フェリックス・ブライヒ(ドイツ)観客数:19,551人