ハキム・ツィエクは、終盤、アウェー戦での好調を維持する、貴重な勝ち越しゴールを決め、このゴールが今シーズンのプレミアリーグ初ゴールとなった。

ブルースにとっては、決して順風満帆とは言えない試合だった。トーマス・トゥヘルは、この試合を「特に良いプレーをせずに勝ち点3を得た試合」と分類するだろう。

前半早々、スタンドにいたサポーターが緊急治療を受けるために30分ほど中断した後、カイ・ハフェルツのパスをメイソン・マウントが確実にゴールして先制した。(その後、このファンの容体は安定しているそうです。)

ワトフォードはその前にもチェルシーゴールを脅かしていた。ハーフタイム直前に、エマヌエル・デニスがゴールを決め、8月にモハメド・サラーがPKを決めて以来、プレミアリーグのアウェイ戦でチェルシーを相手に得点した初めての選手となった。

混乱した後半は、残り20分を切ったところで、マウントのセンタリングをサブのツィエクが豪快に決めてリードを奪った。その後、エドゥアール・メンディがいくつかのビッグセーブを見せたが、ブルーズのディフェンス陣が終盤に仕事をやり遂げ、土曜日のランチタイムに行われるウェストハム戦に向けて、首位をキープした。

スタメン

トゥヘルは、守備、中盤、攻撃の各ポジションで合計6名の変更を加え、ハートフォードシャーの凍てつくような夜、試合に臨んだ。

サウールは9月11日のデビュー以来、初めてプレミアリーグ出場、マウントとクリスティアン・プリシッチがハフェルツの脇を固めるなど、新しいスタイルの攻撃を展開した。リース・ジェイムズのチェルシー通算100試合目の出場は、ケガのためにお預けとなり、代わりにセサル・アスピリクエタが右ウイングバックを務めた。

守備陣では、チアゴ・シウバに代わってアンドレアス・クリステンセンがインターナショナルブレイク後、初の先発出場を果たした。また、ティモ・ヴェルナー、ジョルジーニョ、チアゴ・シウバとロメル・ルカクがベンチに入った。

ワトフォードの好調なストライカー、デニスは、日曜日のレスター戦で足を引きずっていたが、スタメン出場だった。

早い段階での中断

今日のチェルシーはスロースターターだった。トム・クレヴァリーがタッチライン付近でマルコス・アロンソを振り切ってクロスを上げた後、ジョアン・ペドロにシュートを許した。このボールはトレヴォ・チャロバーが素早くクリアした。

さらに、キコ・フェメニアが右サイドからクロスを上げると、マークを外したペドロがヘディングシュートを放ったが、これはメンディが弾き出した。

ここでグラハムテイラースタンドにいた観客が緊急の治療を必要とし、両クラブの医療チームが対応した。

プレーは中断され、両チームはドレッシングルームに戻った。チェルシーの医療スタッフはスタンドの救急隊員を助けに走り、ワトフォードの医療スタッフはホーネッツの左サイドバック、アダム・マジーナを治療していた。

このサポーターは心停止を起こしていたが、幸いにも病院に向かう前に安定した状態になったという。試合は30分ほど中断され、ピッチに戻ってきた両チームは、5分間のウォーミングアップを行い、12分から試合が再開された。マジーナに代わってダニー・ローズが登場した。

流れはワトフォードだったが、チェルシーがチャンスを作った。ルベン・ロフタス=チークのヘディングシュートは、後方から走ってきたマウントの元へ、角度のないところからシュートを放ったが、左ポストに当たってしまった。

互いに得点

その後、試合の流れは変わず、ワトフォードのダイレクトなアプローチは、双方のファウルの原因となった。しかし、この後、マウントが今シーズン4度目のゴールを決めた。

この日も、リュディガーのパスを受けたアロンソが、深い位置から軽々と、ワトフォードの隙を突いた。アロンソのファーストタッチは完璧で、マークを外したハフェルツを選択することができた。ボールを受けたハフェルツは、マウントに繋ぎ、彼がゴールを決めた。30分が経過し、ブルーズは1-0のリードを奪った。

その数分後、ワトフォードは同点に追いつく絶好のチャンスを逃してしまう。深いクロスがファーポストのダニー・ローズに届いたが、シュートはメンディの正面へ落ちた。

ハーフタイムの数分前に、ワトフォードがスコアを同点に戻す。ロフタス=チークがハーフウェイでムサ・シソコにボールを奪われると、ワトフォードは人数をかけてスピードを上げていく。ボールを受けたデニスがボールを運び、リュディガーの脚をかすめたシュートがゴール下に突き刺さった。

長いのアディショナルタイムと3回の警告の後、主審のデイビッド・クーテがついにホイッスルを鳴らし、約90分前に始まった前半が終わりを告げた。

ワトフォードは同点に追いつき、トゥヘルはハーフタイムにメンバーと戦術を変更した。サウールに代えてチアゴ・シウバを投入。チャロバーが中盤に入り、マウントは彼に合わせて深い位置に下がった。3-5-2のフォーメーションは今シーズン初めに時折使われていたものに似ていた。

突破口を求めての戦い

両チームともに、ボールを奪ってからのカウンターを狙い、後半立ち上がり、どちらも上手く攻めきれなかった。

60分前には、トム・クレヴァリーが、チアゴ・シルバ、メンディとの2対1になった。このときメンディは、元マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィルダーを封じるためにボックスから飛び出し、ゴールへの道を見事に塞いだが、その過程でタックルを受けてしまった。医療チームがメンディを治療した後、チャロバーも治療を受けることになった。

メンディとは異なり、チャロバーは続行不可だった。ハキム・ツィエクが変わって入り、3-4-3に戻った。アスピリクエタに代わってルカクがこの日最後の交代として入り、プリシッチが右ウイングバックになった。残り20分、私たちは流れをつかめるだろうか?

その答えは「イエス」だった。アロンソが左サイドでフリーになり、カットバックしたボールをツィエクが拾い、ダニエル・バッハマンをかわしてシュートを放った。

残り8分、ハフェルツのパスをツィエクが頭で決め、2点目を奪い試合を決めた。直後にもう一度チャンスがあったが、これは残念ながらバッハマンが防いだ。

その後も中断が続いたが、アディショナルタイムの6分にはジュライ・クッカの鋭いフリーキックをメンディが弾いた。ブルーズは最後まで戦い抜き、貴重な勝ち点3を獲得して、ハードスケジュールになる12月を勝利でスタートさせた。

次の予定は?

今週末、ブルーズは再び遠征に出る。土曜日の現地時間午後12時30分キックオフ、ウェストハム戦に向けて出発する。

チェルシー(3-4-3);メンディ;チャロバー(ツィエク60)、クリステンセン、リュディガー;アスピリクエタ(c)(ルカク69)、ロフタス=チーク、サウール(チアゴ・シウバh/t)、アロンソ;マウント、ハフェルツ、プリシッチサブ;ケパ、サール、バークリー、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイ、ヴェルナー得点; マウント 29、ツィエク 72警告 ;サウール16、アロンソ45+2、ツィエク65

ワトフォード(4-2-3-1): バッハマン;フェメニア、キャスカート、トロスト=エコング、マシーナ(ローズ12);ルーザ(クッカ73)、シソコ(C);デニス、クレヴァリー(ナキア85)、ジョアン・ペドロ;キングサブ;エリオット、エルナンデス、ゴスリング、フレッチャー、トゥファン、カバセレ得点; デニス 43警告;ルーザ 45, トロスト=エコング 45+5, クレバーリー 84

主審;デービッド・クート観客数;20,388