チェルシー関連の最新情報:スペインからの移籍情報、サウールに関するインタビュー、さらにチェルシーレジェンドのコメントなど

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがバルサのデストに興味か?

チェルシーは、バルセロナのアメリカ代表右サイドバック、セルジーノ・デストの獲得を狙っていると報じられている。

スペインのエル・ナシオナル紙の報道によると、チェルシーは彼が現在のチームのシステムとプレースタイルにフィットすると考えているようだ。

「彼を獲得することに真剣に興味を持っているチームがすでに現れている。それは、現在のチャンピオンズリーグのチャンピオンであるチェルシーに他ならない」と書かれている。

「トーマス・トゥヘルのチームは、デストが彼の理想的なポジションであるウイングバックとして機能することから、彼らの戦術にぴったりだと考えている」と報道した。

「セルジーノはカンプノウを去るつもりはないが、シャビの計画に自分が含まれない場合、他のオプションを検討するだろう。」

「そして、タイトル争いをしているチェルシーへの移籍は彼にとっても魅力的だろう。」

「すべてのプロサッカー選手にとって憧れのプレミアリーグの首位でもある。」

「問題は、バルサとの合意に達するかどうかだ。ブルースは2500万ドルを提示すると言われているが、ラポルタはそれ以上の金額、具体的には3,500万円くらいを要求するだろう。」

サウールの家族が彼のこれまでのキャリアについて振り返る

サウールの兄弟が、彼がここに至るまでのキャリアについて語り、イングランドのサッカー界での生活に適応するためには時間が必要だと述べた。

この夏、アトレティコ・マドリードからブルーズに期限付き移籍したが、トーマス・トゥヘル監督の下で先発出場のチャンスは多くないのが現状だ。

Goal.comのインタビューの中で、サウールの兄弟は、彼がブルーズで活躍するために必要な要素を語っている。

「彼には時間と適応が必要だけど、進歩、成長、これまでのレベルに戻るためにはチェルシーは理想的な場所だ。」と述べる長兄のジョニー。

「彼にとって理想的なチームだ。彼はプレミアリーグがとても好きで、いつも見ていた。」と、次男のアーロンは語った。

「プレミアリーグの激しさ、縦へのスピード、そして特にファンの熱気が好きで、どんな時でも、特に良くない時でも、選手やチームを助けてくれるんだ。セサル(アスピリクエタ)もケパ(アリサバラガ)も、彼が適応するのを助けてくれているみたいだしね。」

「他の選手と同じように、彼にも適応のプロセスが必要だと思うが、近いうちに彼のベストパフォーマンスが見られると確信しているよ。」

ジョー・コールはチルウェルに夢中

ジョー・コールは、チェルシーとイングランド代表の左サイドバックとして活躍する、ベン・チルウェルのここ数試合での素晴らしいパフォーマンスを称賛している。

最近では7試合で4ゴールを挙げ絶好調のチルウェルだが、Football.Londonに掲載されたレポートでは、現在テレビ解説者のジョー・コールが24歳の彼について意見を書いている。

「彼の大ファンなんだ。ユーロの後、彼はとてもがっかりしていたと思う。」

「チームに戻ってきて、マルコス・アロンソの控えになってしまった。選手としてキツいしチャンスを待たなければいけない。」

「最近は体調も良さそうだし、ファイナルサードでのプレーが非常に良い。左ウイングバックとしては理想的だ。」

「彼には冷静さがある。最高の選手だから、本当に嬉しいね。」