チェルシー関連の最新情報:5人のアカデミー生がトップチームに参加、モアカム監督がブルーズ戦について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

アカデミー生がデビューか

日曜のFAカップ第3回戦モアカムとの試合で何人かのアカデミー生が出場する可能性がある。

連敗脱出を試みるブルーズは、この試合若手にチャンスを与えるかもしれない。

Metroの報道によると、日曜日の試合に向けてヘンリー・ローレンス、ルイス・ベイト、ティノ・リヴラメント、ジュード・スーンサップ=ベルがトップチームでトレーニングをしているという。

今季既にチャンピオンズリーグでデビューしているティノ・アンジョリンもトレーニングに参加している。

日曜に17歳の誕生日を迎えるスーンサップ=ベルは、今季FAユースカップのバーンズリー戦で59年間のアカデミーで初めて1試合4得点の記録を達成した。

モアカム監督がチェルシー戦を語る

FAカップでチェルシーと対戦するモアカムのデレク・アダムス監督は、失うものは何もないと語った。

モアカムは18年間で初めてFAカップ第3ラウンドに到達し、コロナウイルスの隔離から10日ぶりに練習を開始したばかり。

「日曜の試合に向けて準備を進めている。他のチーム同様試合の72時間前にPCR検査を受ける。チームは日曜に向けて士気を高めている。コンディションも良いし怪我人もいない。」

アダムスはファンがいなくてもモアカムにとって意義のある試合になり、無観客ということで選手たちにかかるプレッシャーも低減すると言う。

アダムスによると、これはヘビー級のチームとの対戦で、モアカムはこの試合を待ち望んでいたとのことだ。

「うちのスタジアムの近くにタイソン・フューリーのジムがあるが、チェルシーもヘビー級のチームだ。モアカムはこのような試合を長年待ち望んでいた。この街にとって素晴らしい経験になる。」

ホジソンがバチュアイを擁護

ミシー・バチュアイはFAカップのウルブス戦で出場機会を得られそうだ。ホジソン監督は、2年目のレンタルとなるバチュアイをチームにとっての戦力であると今でも考えている。

「バチュアイに対する信頼は全く薄れていない。彼は今まで通りの選手だ」と記者会見で語ったホジソン。

「クリスチャン・ベンテケの調子が良いため、ウィルフレッド・ザハと一緒にプレーする機会が増えている。」

ホジソンはバチュアイが今でもパレスにとって重要な選手とみなしており、ウルブス戦に出場することで調子も上がってくると考える。

「彼はチームにとって非常に重要な選手で、シーズン終了時に目標を達成できたら、彼もチームメイトと共に称賛されるだろう。」