チェルシー関連の最新情報:ブルーズがマルキーニョスの獲得を狙うと報じられる一方、ユルゲン・クロップはトーマス・トゥヘルの成功を確信している。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがマルキーニョスに触手

報道によるとチェルシーはブラジル代表DFマルキーニョスの獲得を狙っている。

Eurosportによると、ブルーズのマルキーニョス獲得の噂が出たのは2015年で、それ以降彼の動向を追い続けているとのことだ。

更にトゥヘルがチェルシーの監督に就任したことにより、可能性が高くなっているという。

マルキーニョスはチームの「心臓と魂」と称したトゥヘルがPSG時代最も重宝した選手の一人。

パリで引退までプレーを続けると話しているマルキーニョスだが、自分をトップレベルに引き上げたトゥヘル監督の下でプレーすることは、彼にとっても魅力的な話だろう。

マルキーニョスはディフェンダーだが、トゥヘルが彼を中盤で起用することで、PSGにおいて欠かせない存在となった。

トゥヘルの台頭を確信するクロップ

ユルゲン・クロップは、チェルシーにはトーマス・トゥヘルがイングランドで成功を収めるためのすべてが揃っているという。

この二人はマインツ、そしてボルシア・ドルトムントで監督を務めており、お互いをよく知っている。

「トーマス・トゥヘルにとって素晴らしいことだ。残念ながら彼は非常に優れた監督だからね」と記者会見で語るクロップ。

「彼のことは昔から知っているしリスペクトしている。このチェルシーは彼にとって素晴らしいプレゼントだ。彼もそう思っているだろう。良いチームになるだろう。」

元PSG監督に対してのアドバイスを求められたクロップはその必要はないと言う。

「彼に公の場でアドバイスを与えることはしない。次に対戦するのはいつか覚えていないし、彼の電話番号を持っていないからメッセージも送れないんだ。」

ファーディナンドがハドソン=オドイを称賛

リオ・ファーディナンドは0-0に終わったウルブス戦でのハドソン=オドイの活躍に強い印象を受けたと語った。

ハドソン=オドイはウィングバックとしてプレーしたが、元マンUのファーディナンドは彼が相手にとって大きな脅威になったと言う。

「今まで見た中で最も良い出来だった」とBTSportで語るファーディナンド。「クリスチャン・プリシッチとメイソン・マウントが入るまで彼だけがチャンスをつくっていた。」

ハドソン=オドイは今季これまで5ゴール3アシストを記録しており、新監督にとっても重要な戦力となることが見込まれる。

「彼は最も創造的でチャンスをつくっていた。後半終盤は守備面でもチームによく貢献していた。」