チェルシー関連の最新情報:ブルーズがRBライプツィヒのイブラヒマ・コナテに興味を示す一方、ファーディナンドはリース・ジェイムズをリーグ最高峰の右SBと称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解やたちばを示すものではありません。

チェルシーがコナテに興味

ブルーズがRBライプツィヒのCBイブラヒマ・コナテに興味を示しているとの報道が出ている。

Independentによると、チェルシーはフランス代表コナテの獲得を狙う欧州クラブの一つとされる。

ブルーズは過去にライプツィヒのもう一人のCBダヨ・ウパメカノに興味を示していたが、コナテのパフォーマンスは多くの注目を集めている。

21歳のコナテは今季12試合に出場し1ゴールを決めている。彼はボール回しに長けるというより、典型的なCBと評されている。

アトレティコ・マドリードのホセ・ヒメネスとドイツ代表ニクラス・ズーレ同様にコナテはチェルシーのDF獲得リスト入りしたとみられる。

コナテの獲得にはマンUやリヴァプールが興味を示していると言われている。

ファーディナンドがジェイムズを称賛

リオ・ファーディナンドがリース・ジェイムズをプレミアリーグ最高峰の右SBと褒めた称えた。

BT Sportに出演したファーディナンドは、21歳のジェイムズがどれだけトーマス・トゥヘルにとって有用な選手であるか語った。

「彼はトッププレーヤーだ。トゥヘルが就任してからすぐに先発出場しなかったのは驚きだった。彼はリーグ最高峰の右SBだ。」

ジェイムズは昨季チェルシーでの初シーズンで39試合に出場した。ファーディナンドはジェイムズが更に成長し経験を積むだろうと言う。

「彼にはまだ改善点がある。もちろん成長できるだろうが、まだ若い選手だ。時間とサポートが必要だが、新しい監督の下きっと適切な指導を受けるだろう。」

ドログバの息子がイタリアクラブと契約

ディディエ・ドログバの息子イザーク・ドログバがイタリアのセリエDフォルゴレ・カラテーゼと契約を結んだ。

Daily Mailの報道によると、元ブルーズでコートジボワール代表のドログバはイタリアで父のようなキャリアをスタートさせるとのことだ。

20歳のドログバはチェルシーのユース、そして父のもう一つの古巣であるフランスのギャンガンU19でプレーしている。

FWのイザークはセリエDのグループAに所属する新しいチームで得点を重ね、イタリアサッカーの4部昇格を狙う。

ディディエはフランス2部のルマンでプロとしてプレーし始め、栄誉に満ちた素晴らしいキャリアを築き上げた。

ドログバはチェルシー時代にプレミアリーグ優勝4回、チャンピオンズリーグ優勝1回、そしてFAカップでも4回優勝している。