チェルシー関連の最新情報:ブルーズは夏の移籍市場でのジェイドン・サンチョの獲得に動いていると報道され、ジョー・コールはCL試合後にメイソン・マウントのプレーを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがサンチョに注目

ブルーズはジェイドン・サンチョの獲得により強い興味を示しているとのことだ。

Sport 1によると、ボルシア・ドルトムントはこの夏ジェイドン・サンチョがチームを去ることを予測しており、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得に動いている。

サンチョは2017年にマンチェスター・シティからドルトムントに移籍し、現在では世界最高峰のウィンガーと称されている。

報道ではブルーズは以前からロンドン生まれのサンチョを評価しており、彼自身も少年時代チェルシーのファンだったことを明かしている。

しかしブルーズは20歳のサンチョを獲得するためにマンチェスター・ユナイテッドとの競争に勝たなくてはならない。

サンチョの契約は2023年まででドルトムントは来季のチャンピオンズリーグ出場権が獲得できない場合、選手を放出することを明言している。

サンチョは今季10ゴール15アシストを記録している。

ジョー・コールがメイソン・マウントを称賛

元ブルーズのジョー・コールが昨日行われブルーズが勝利したチャンピオンズリーグ対アトレティコ・マドリード戦の試合後にメイソン・マウントを称賛した。

BT Sportでマウントがチームメイトから信頼を得ている理由について語るコール。

「彼はまだ若く常に頼ることはできないが、今はクラブにとって非常に重要な選手だ。魔法がかかったかのように相手にとって脅威となっている。」

マウントは中盤、そして前線で重要な役割を担い、オリヴィエ・ジルーの決勝点のシーンでも相手DFのミスを誘った。

重要な局面で高い能力を発揮するマウントに対しチームメイトも信頼を寄せていると語るコール。

「何も起きない状況でも彼はチャンスをつくろうと努力している。選手たちが彼を高く評価するのは、彼のプレーが全て正しいからだ。」

アロンソの父が息子のレギュラー復帰を語る

マルコス・アロンソの父は、スタメン復帰した息子は教訓を学んだという。

30歳のアロンソはトーマス・トゥヘル監督就任以来、左ウィングバックのレギュラーに定着している。

Onda Ceroのインタビューでアロンソの父(息子と同名のマルコス・アロンソ)が試合に出られない時期に教訓を学んだと語った。

「自分は現役時代できなかったが、新しい監督が就任した時に自分の実力を証明しないといけない。彼はトレーニングでも努力を重ね続け、監督に自分が信頼できる存在であることを示した。」

アロンソはトゥヘルの下2試合目のバーンリー戦でスタメン復帰した。

この試合が9月以来の出場となったアロンソは、後半終了間際にボレーシュートを決め、このゴールは月間最優秀ゴールにも選ばれた。

「こういうことが起きるから、学ぶことが大事だ。息子は教訓を学び、これが一生続くわけでないということを理解した。」