チェルシー関連の最新情報:モイセス・カイセドに興味を示すチェルシー、スティーブ・クラークがビリー・ギルモアに期待。

チェルシー関連の最新情報:モイセス・カイセドに興味を示すチェルシー、スティーブ・クラークがビリー・ギルモアに期待。

ブルーズがカイセドに触手か

エクアドルの報道によると、チェルシーは期待の若手モイセス・カイセドの獲得争いに参加するということだ。

El Telegrafoの報道によると、ブルーズは既に19歳のカイセドに接触したとみられる。インデペンディエンテ・デル・バジェのGMサンチャゴ・モラレスによると、カイセドは1月にクラブを去る可能性があり、多くの欧州クラブが彼に興味を示しているという。

カイセドの移籍金は450万ポンドとされ、既にマンUへの移籍が噂されたが、モラレスはこれを否定している。

「カイセドについて多くの噂があるが、マンチェスター・ユナイテッドと連絡を取ったことはない」と語るモラレス。

ブルーズだけでなく、アヤックスも彼の獲得に動いているという。

「イングランドのもう一つのチームが興味を示しているし、欧州5大リーグのチームもいる。ヨーロッパの2クラブが強い興味を示しているが、まだ合意には至っていない。交渉がうまくいくことを期待している。」

スコットランド代表監督がビリー・ギルモアに期待

スコットランド代表監督スティーブ・クラークは、ブルーズMFビリー・ギルモアをEuro 2020に召集する可能性を示唆した。

ギルモアは最近トップチームに復帰し、マンC戦では素晴らしいプレーを見せた。

「個々の選手について話すのは避けたいが、ギルモアは優れた選手だ」とHeraldに語ったクラーク。

「それについて疑いはない。彼はチェルシーで重要な戦力と見なされており、わたしと同じでエアシア出身だから、気も強いだろう。」

Euro 2020に召集されるためには、ギルモアはもっと試合に出る必要があると語るクラーク。

「もっと試合に出ないといけない。これについて反論はないだろう。チェルシーも彼に今よりもプレーする時間を与えるだろう。彼はこのチームの将来を担う選手だ。」

ギュンドアンがヴェルナーとハフェルツを擁護

ティモ・ヴェルナーとカイ・ハフェルツは、ブンデスリーガからプレミアリーグに順応している最中だと語るイルカイ・ギュンドアン。

マンCのMFギュンドアンは新しいリーグに適応すればこの2人が本領を発揮することを確信している。

「彼らはプレミアリーグに順応しようとしている。通常、プレミアに素早く順応するのは簡単ではない。他の国から来て、更に今はいつもと異なる状況下にある。だからより難しいだろう。」

ギュンドアンは2016年にボルシア・ドルトムントからマンチェスター・シティに移籍した。彼はドイツ代表のチームメイト2人がチェルシーで実力を発揮し、タイトル争いに絡むだろうと言う。

「毎年のことだが、チェルシーには素晴らしい選手がいて、監督も高い目標を掲げている。シティのライバルになるんじゃないかな。この夏才能ある若手選手を高額で獲得している。本当に良い選手ばかりだから、好成績を残すと思う。」