チェルシー関連の最新情報:チェルシーが21歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得か?ジルーがゴールを決めるテクニックを明かす。

チェルシー関連の最新情報:チェルシーが21歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得か?ジルーがゴールを決めるテクニックを明かす。

ブルーズがドンナルンマに触手か?

Sunの報道によると、契約終了の近づくジャンルイジ・ドンナルンマがチェルシーに移籍する可能性があるとのことだ。

21歳のドンナルンマはACミランで既に220試合以上に出場しているが、他クラブが彼の状況を見守っている。

ブルーズは彼の獲得に興味を示しており、インテルやユヴェントスと獲得争いを繰り広げるとみられる。

ACミランのレジェンドで現在テクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニは、契約延長の交渉時にドンナルンマのGK、そしてリーダーとしての才能を絶賛している。

「彼はトレーニングでも常日頃からリーダーだ」とSky Italiaに語るマルディーニ。「彼は急速に成長を遂げた。交渉をし続けなくてはならない。1週間、10日、20日、いつになるかわからないが、クラブとしては急いではいない。」

契約延長の交渉の結果次第でブルーズはドンナルンマ獲得に出るかどうか決めるだろう。

ゴールの決め方を明かすジルー

平均して106分に1ゴールで2020年リーグトップとなったオリヴィエ・ジルーが、Sky Sportsのインタビューでゴールを決める秘訣を明かした。

「偶然ゴールを決めることはできない。運だけで決めれるものじゃないんだ。冷静さと忍耐力が必要で、自分自身のことを信じ続けなくてはならない。それがストライカーに求められる能力の一つで、一度や二度失敗しても止まることなくゴールを狙い続けるんだ。」

ジルーのゴールの殆どは近距離からのもので、37得点中31点がファーストタッチで決めたものだ。更にチームメイトをどうやってプレーに参加させるかについても話したジルー。

「自分のプレーは他の選手たちを助け、ゴール前でシュートを打つというものだ。常に練習しているし、できるだけ素早くエリア内に入ってシュートを打つようにしている。ペナルティーエリア内にいる時、考えている暇はない。すぐにディフェンダーに詰め寄られるから、ファーストタッチでシュートした方が得点できる可能性が高くなるんだ。」

ハッセルバインクがバートン・アルビオンに復帰

元ブルーズのジミー・フロイド・ハッセルバインクがバートン・アルビオンの監督に復帰した。

バートンからQPRに移った元オランダ代表のハッセルバインクにとって5年ぶりの復帰となる。

「バートン・アルビオンはわたしと家族にとって特別なクラブだ」とクラブの公式サイトに語ったハッセルバインク。「前回ここにいた時の思い出はいいものばかりだし、自分の人生にとって非常に重要な時間だった。クラブとは常に連絡を取っていた。」

現在リーグ1でプレーするバートンは勝ち点13で最下位となっており、ハッセルバインクにとっては難しい任務となるだろう。

「前回とは様子が異なるが、できるだけ早くチームを立ち直してリーグ残留を目指したい。それがチームの目標で、そのために全力を尽くす。」