チェルシー関連の最新情報:報道によると、ブルーズがロメル・ルカクに興味を示し、ガリー・ケイヒルが2シーズンでクリスタルパレスを退団した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがルカク獲得に乗り出す

The Athleticによると、チェルシーは今夏、インテルのストライカー、ロメル・ルカクとの契約に興味を示しているという。

ブルーズはこの移籍市場でストライカーの獲得を熱望していると言われており、ルカクはその候補者の一人であるようだ。

ルカクは、昨シーズン、インテルのリーグ優勝に貢献し、アントニオ・コンテ前監督の下で44試合に出場して30ゴールを記録している。

2011年に18歳でブルーズと契約したが、スタンフォードブリッジではレギュラーとしての出場時間を得られず、ウェストブロムとエヴァートンへのレンタルを経て、2014年にトフィーズに完全移籍した。

The Athleticは、「チェルシーがこれまでに28歳のルカクに対して2回の入札を行ったと認識しているが、これは強い意思表示である」と報じている。「インテルに自慢の資産の売却を説得できるか否かは、チェルシー次第だ。」

インテルは、パンデミックの影響で資金調達のためにスター選手を売却しなければならないと言われており、チェルシーは有利な立場にあると見られている。

ルカクはまだ3年の契約を残しており、ミランでの生活に満足していることを公言している。

ケーヒルがクリスタルパレスを退団

ブルーズの元キャプテン、ガリー・ケイヒルは、2シーズン在籍したクリスタルパレスを退団したことを認めた。

このニュースをツイッターで発表した35歳のケーヒルは、ファンに感謝し、セルハーストパークでプレーできたことを光栄に思っていると述べた。

「考えに考え抜いた結果、楽しい2年間を過ごしたクリスタルパレスを離れることになりました。」

「私はクラブでの時間を楽しんできました。クラブの関係者、特に私をサウスロンドンの家族に迎え入れてくれたファンやスタッフに心から感謝したいと思っています。」

ケーヒルは、ロイ・ホジソン監督のもとで、怪我に悩まされ、プレミアリーグではわずか20試合の出場にとどまっていた。ケーヒルは、チェルシーに7年間在籍し、2回のプレミアリーグ優勝、1回のチャンピオンズリーグ優勝、2回のFAカップ優勝を果たしている。

「ホームズデール・ロード・スタンドの前でプレーしたことは、私にとって特に大切な思い出です。クラブの今後の発展を願い、来シーズンの成功を祈っています。」と記した。

アルテタがチェルシーを賞賛

アーセナルの監督、ミケル・アルテタは、日曜日にエミレーツで行われたプレシーズンマッチで2-1の勝利を収めたトーマス・トゥヘルのチームに感銘を受けていた。

試合後の記者会見で、スペイン人監督はブルーズをヨーロッパで最高のチームだと評した。

「欧州最高のチームを相手に、我々にとって素晴らしいテストマッチとなった。」と試合後に語った。「いくつかのポジティブな要素を示せたが、難しいポジションでボールを与えてしまった場面では不安要素が残った。」

「守備的な組織をしなければならないときに、難しい場面でスペースを開けてしまった。」

ブルーズは、明日の夜、スタンフォードブリッジでトッテナムと対戦し、マインド・シリーズ2試合目を戦う。

「素晴らしい雰囲気だったよ。」とアルテタは付け加えた。「チェルシーに対してできること、そしてプレシーズンでの自分たちの調整具合に対してはポジティブだったと思う。」