チェルシー関連の最新情報:チェルシーがアクラフ・ハキミに興味を示す一方、マインツのボ・スヴェンソン監督がトーマス・トゥヘルの秀でる能力を絶賛している。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハキミがプレミア移籍か

インテル・ミラノのSBアクラフ・ハキミが来季プレミアリーグに移籍する可能性が出てきている。

22歳のハキミは現在、元ブルーズのアントニオ・コンテ監督率いるインテルでプレーしているが、クラブが財政問題を抱える中、来季の移籍が噂されている。

The Athleticによると、インテルはレアル・マドリードに支払う3500万ポンドのうち、分割払いの初回分となる900万ポンドを期限内に納めることができなかったという。

ハキミはレアル・マドリードのアカデミー出身で、ボルシア・ドルトムントで2年間レンタル選手としてプレーした後、インテルで高いパフォーマンスを発揮している。

下部時代からハキミに注目しているブルーズとアーセナルが獲得に動いているとされている。

ハキミはインテルで20試合に出場し6ゴール5アシストを記録している。

マインツ監督がトゥヘルを絶賛

マインツのボ・スヴェンソン監督がトーマス・トゥヘルの問題解決能力を高く評価している。

DAZNの取材に対し、トゥヘルのマインツ時代選手としてプレーしたスヴェンソンは、彼のことを特別な監督と語る。

「彼が特別な監督であること、そして考え方がほかの監督と少し異なるのがすぐにわかる。彼のようなチームに対する指導やトレーニング方法は経験したことがなかった。」

トゥヘルはリーグ2試合で勝ち点4を獲得し、既にチェルシーでの存在感を強めている。

「トゥヘルの下、選手さえ驚いた試合がいくつかあった。アウェーでのバイエルン戦では開始からプレスをかけた。」

トゥヘルのチェルシーでの采配で目立ったのは、カラム・ハドソン=オドイの右SBでの起用だった。CBだったスヴェンソンは中盤にコンバートされた時のことを振り返る。

「非常に驚いたけど、うまくいって試合に勝つことができた。布陣を発表した時には頭がおかしくなったのではと思ったよ。」

女子サッカーの機会平等を訴えるハルダー

チェルシー・ウィメンのFWペルニル・ハルダーが、女子サッカーの施設・機会の平等を訴えた。

Sky Sportsのインタビューで、UEFA年間最優秀女子選手に選ばれたハルダーは、報酬に関しては難しいものの、施設や機会に関しては男子サッカーと同じ扱いを受けるべきだと主張した。

「賃金の平等に関しては時間がかかるだろう。男子サッカーは別次元のレベルにある。女子もいいトレーニング施設、コーチ陣を求め闘わなくてはならない。」

ハルダーは昨季、女子サッカー界において最高金額となる移籍金でヴォルフスブルクからチェルシーに加入した。更にコブハムの施設についても語ったハルダー。

「チェルシーは非常にプロフェッショナルで、男子のものを真似しようとしている。環境は非常に良い。」