チェルシー関連の最新情報:ブルーズがマルティン・ウーデゴールに興味を示すとの報道が出る一方、ダン・ジェイムズが若い頃チェルシーのファンだったことを明かした。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがウーデゴールに興味か

報道によるとチェルシーがレアル・マドリードのMFで現在アーセナルにてプレーするマルティン・ウーデゴールに興味を示しているという。

Daily Mailによるとアーセナルはチェルシーとリヴァプールがウーデゴールの獲得争いに乗り出すことを恐れているという。

レアル・マドリードは現在アーセナルで活躍中のウーデゴールを売却すると報じられている。

アーセナルではトッテナムとのロンドンダービー、そしてヨーロッパリーグのラウンド16対オリンピアコス戦でゴールを決めている。

マンU選手がブルーズファンを公表

ダニエル・ジェイムズが少年時代ブルーズのファンだったことを明らかにした。

マンチェスター・ユナイテッドの公式ポッドキャストにてジェイムズはリヴァプールのファンだったという噂について次のように反応した。

「ユナイテッドと契約した時、誰か覚えていないけどSky Sportsのコメンテーターに“彼はリヴァプールのファンだ”と言われたんだ。心の中では“リヴァプールのファンじゃない”と思っていたけど、若い頃チェルシーファンだったことを明かしたくはなかった。スウォンジーでプレーし始めた頃はチェルシーを応援していたんだ。」

ウェールズ代表でチェルシー戦にてプレミアリーグデビューを果たしたジェイムズはブルーズのどの選手が好きだったかも語った。

「若い頃はエデン・アザール、フアン・マタ、そしてディディエ・ドログバのことが大好きだった。」

ブロジャがアルバニアを選んだ理由を告白

チェルシーからレンタルで放出されているアルマンド・ブロジャがイングランドではなくアルバニア代表でプレーすることを選んだ理由を明かした。

ブロジャは現在オランダのフィテッセでプレーするが、最近のワールドカップ予選ではアルバニア代表としてイングランドで対戦した。彼が両親の母国であるアルバニアを選んだ理由をGoal.comに語った。

「どの代表でプレーするかはもちろん大きな決断だった。アルバニアを選んだのは自分がアルバニア人でアルバニアの血が流れており、両親もアルバニア人だからだった。だから簡単に決めることができた。」

ブロジャはユースレベルのU-19とU-21でアルバニア代表と8試合で8得点を挙げており、フル代表でも良い印象を与えたいところだ。

「アルバニア代表としてワールドカップや欧州選手権に出場したい。それがアルバニアにとって一番大きな出来事となるだろう。ワールドカップに行ければ歴史に名を刻むことができる。」