チェルシー関連の最新情報:ブルーズはハイバーニアンFCのジョッシュ・ドイグに興味を示す一方、グレン・ホドルが新しいポジションでプレーするカラム・ハドソン=オドイを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがドイグに触手か

報道によると、ブルーズはハイバーニアンFCのLBジョシュ・ドイグに興味を示している。

Sky Sportsによると、エディンバラ出身のドイグにはプレミアリーグの複数のチームが興味を示しているとのことだ。

ドイグは18か月前にハーツからハイバーニアンに入団し、MFからLBにコンバートされた。

2023年まで契約の残るドイグだが、既にスコットランドではユースレベルで代表経験があり、リーグでも非常に評価が高い。

BBCのインタビューに応えたドイグは、複数のクラブが興味を持っていることがモチベーション向上に繋がっていると語った。

「努力をした結果ビッグクラブが興味を示してくれるのはいい事だ。今のところ単なる噂しかないが、サッカーができて良い調子を維持できることに満足している。」

ホドルがハドソン=オドイを称賛

グレン・ホドルが2-0でチェルシーがバーンリーに勝利した試合でのカラム・ハドソン=オドイのプレーを称賛した。

20歳のハドソン=オドイは今年に入ってブルーズの中で最も調子のいい選手で、トーマス・トゥヘル監督の下でも素晴らしいパフォーマンスを見せている。

リーグ戦でここ2試合、ウルブス戦とバーンリー戦で右ウィングバックに起用されたハドソン=オドイを高く評価する元ブルーズ監督のホドル。

「彼はウィングバックに適任だと思う」とBT Sportに語ったホドル。「彼はライン際まで開いてプレーすることを好む。」

バーンリー戦でチェルシーの攻撃の40%はハドソン=オドイのいる右サイドから生まれ、更にアスピリクエタの先制点もお膳立てした。

「1点目のシーンでは攻撃的なプレーから中に入りアスピリクエタが走りこむスペースを作り、アシストを演出した。チェルシーの良い攻撃はすべてハドソン=オドイのプレーした右サイドからだった。」

ACミラン監督がトモリを絶賛

ACミランでデビューしたフィカヨ・トモリを称賛する声が多く集まっている。

ブルーズからレンタル移籍したトモリはイタリア杯のインテル・ミラノ戦で初出場を果たし、週末のリーグ戦でもスタメン出場した。

ミランのステファノ・ピオリ監督はトモリのプレーを高く評価した。

「良いプレーをした」とインタビューで語ったピオリ。「数日前に到着しトレーニングを2回しただけの状態で、難しい試合で途中出場した。」

チェルシーのアカデミー卒業生であるトモリは週末2-1で勝利したボローニャ戦でスタメン出場し、そのポテンシャルを発揮した。

「彼は良いプレーをしたと思う。しっかりと守備ができるし頭もよく、真摯に学ぶことに集中している。入団した時からすぐにメンタル面、フィジカル面、そしてテクニックの面でも素晴らしいコンディションだったし、イタリアのサッカーについてできるだけ早く学ぼうという姿勢も評価できる。」