チェルシー関連の最新情報:ブルーズが20歳のCBモハメド・シマカンに興味を示していると噂される一方、マルコ・ファン・ヒンケルが長期の怪我から復帰するという。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズが若手CBに触手か

Le 10 Sportの報道によると、チェルシーはストラスブール所属の20歳のCBモハメド・シマカンに興味を示しているという。

「シマカンは今季リーグ戦全試合にフル出場しており、1月にブルーズに移籍する可能性がる。シマカンの移籍金は1350万ポンドで、ACミランとニースも彼の獲得に動いていると言われている。」

この報道によると、シマカンは今季クル・ズマとチアゴ・シウバが強力なコンビネーションを見せるブルーズにとって、将来に向けた投資になると見られている。

ファン・ヒンケルが怪我から復帰

チェルシーMFのマルコ・ファン・ヒンケルが2年間にわたるリハビリ生活からトップチームに復帰する。

オランダ人のファン・ヒンケルは現在PSVにレンタル中で、取材に対しピッチに戻る準備ができていると語った。

ESPNに対し、ファン・ヒンケルは長期離脱の原因となった膝の怪我の状態についてこう語った。

「膝の調子はいい。ここ2週間すべてのチーム練習ができている。復帰まであと少しで、ここ2

週間試合に出場するためのステップを踏んできた。」

ファン・ヒンケルは2018年以来の試合出場を目指している。

「サッカーが自分にとって大事なことだと気づいた。自分の中の火はずっと消えなかったし、これからも消えないだろう。復帰がここまで近づくと、今までの苦労が報われる気がする。」

テリーがリヴァプール移籍間近だったと明かすトンプソン

フィル・トンプソンは2003年にジョン・テリーがリヴァプールに移籍する可能性があったと明かした。

パディー・パワーのポッドキャスト番組From The Horse’s Mouthにて、トンプソンはジェラール・ウリエがテリーの獲得を渇望していたことを明かし、テリーとの会話を振り返った。

「移籍話の中でも特に奇妙だったのは、テリーがリヴァプールに来るということだった。」

トンプソンはポッドキャストで「2002/03シーズン最終節はアウェーでのチェルシー戦で、チャンピオンズリーグ出場権を賭けた試合だった。」

元リヴァプール・アシスタントコーチのトンプソンによると、彼と当時の監督ウリエはテリーがチェルシーと契約延長しないと考えていたという。

「チェルシーの選手たちが試合終了後にシーズン最後のあいさつをしている時、ウリエはテリーのところに行き、『リヴァプールでプレーしないか?』と言ったんだ。その後コーチの一人を選手の控室に送り、彼の代理人の電話番号をたずねた。数週間後、アブラモヴィッチがオーナーとなり、最初にテリーとランパードの契約更新に取り組んだ。それで移籍の可能性は遠のいてしまった。」

結局アブラモヴィッチがオーナーに就任したことでこの話は破談となり、その後テリーはチェルシーでプレミアリーグ5度優勝、FAカップ5度優勝、リーグカップ3度優勝、そしてチャンピオンズリーグを制した。