チェルシー関連の最新情報:アーリング・ハーランドとダヴィド・アラバの獲得を試みるブルーズ、カイ・ハフェルツはトゥヘルの下本領を発揮するだろうと元監督が明言。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハーランドとアラバの獲得に動くチェルシー

報道によるとブルーズは夏の移籍市場でのエーリング・ハーランドとダヴィド・アラバの獲得を狙っているという。

Sky Sportsによると、チェルシーは長期的なプランとしてこの2人の獲得を考えているという。

ダヴィド・アラバのバイエルン・ミュンヘンとの契約はこの夏に満了となり、来季フリーエージェントとしての移籍先が注目されている。

「CBの補強としてダヴィド・アラバの去就に注目するチェルシー」と報道するのはSky Sportsのカーヴェ・ソルヘコル。「この夏バイエルンを退団するアラバに多くのクラブが興味を示している。マンU、レアル・マドリード、リヴァプールが獲得に動いていると言われているが、チェルシーも彼の獲得を諦めていない。」

一方のハーランドはドルトムントとの契約が2024年まであり、契約解除金は6600万ポンドとされ、2022年から有効となる。

「ジルーが34歳になることもあり、チェルシーがCFの獲得に動く可能性がある。中でもボルシア・ドルトムントのハーランドの動向に注目が集まるだろう。」

トゥヘルの下での活躍が期待されるハフェルツ

元バイエル・レバークーゼンのタイフン・コルクト監督は、トーマス・トゥヘルの下でカイ・ハフェルツがその本領を発揮すると信じている。

Sky Sportsのインタビューに応じたコルクトは、どのように21歳のハフェルツがイングランドで台頭できるかを語った。

「ハフェルツは普通の選手ではない。冷静に見えるが、もっといいプレーができるはずだ。」

トゥヘルがチェルシーの監督に就任したことで、ハフェルツが本領を発揮すると考えるコルクト。

「トゥヘルは彼にとって戦術面だけでなく、言語の面でも支えとなる。戦術について話すことはできるが、人間の部分の方がもっと大切だ。トゥヘルは彼のことをよく知っているから、うまく起用することができるだろう。」

チアゴ・シウバがフルミネンセ復帰を熱望

チアゴ・シウバが引退前にフルミネンセでタイトルを獲得することを夢見ていると明かした。

TNT Sportsのインタビューでシウバはフルミネンセでリベルタドーレス杯を獲得することが引退時の最高の花向けになると語った。

「考えたことはないと言うと嘘になるだろう。いつもそれについて考えている。長い間ヨーロッパでプレーし、子供たちもここで育っているから難しい決断となるだろう。」

チアゴ・シウバはヨーロッパで28個のタイトルを手にし、現在もトップレベルでプレーしている。シウバはイングランドで成功を収めた後に引退までのキャリアを考えたいと語る。

「フルミネンセのユニフォームを着ることが自分の夢で、誰もがそのことを知っている。だけど、まだ先の話だし、これから何が起きるかみていきたい。難しい決断になるけど、フルミネンセは自分にとって大切なクラブで、いつかリベルタドーレス杯で優勝したい。」