チェルシー関連の最新情報:報道によるとチェルシーはハカン・チャルハノールに興味を示す一方でマウリツィオ・サッリのトッテナム監督就任が噂されている。

チェルシー関連の最新情報:報道によるとチェルシーはハカン・チャルハノールに興味を示す一方でマウリツィオ・サッリのトッテナム監督就任が噂されている。

チェルシーがチャルハノールに注目

報道によるとチェルシーはACミランのハカン・チャルハノールに興味を示しているという。

Il Milanistaの報道では、ブルーズが夏にフリーエージェントとなるトルコ代表のチャルハノールの獲得に動いているという。

攻撃的MFのチャルハノールはACミランとの契約満了を機に彼にとって魅力的なオファーを待っているという。

チャルハノール獲得に向けてチェルシーはミランよりも良い条件の契約を提示する必要がある。そしてアーセナルもチャルハノールに興味を示しているという。

ブルーズがチャルハノールを獲得すれば、既に有能な選手の揃った攻撃陣を更に補強できる。

チャルハノールは今季ACミランで37試合に出場し8ゴール11アシストを記録している。

サッリがプレミア復帰か

元ブルーズ監督のマウリツィオ・サッリのプレミア復帰が噂されている。

Daily Mailによるとサッリはトッテナムの新監督になる可能性があるとのことだ。

サッリは2022年までユヴェントスとの契約があるが、ユーヴェは4月末に違約金を払い契約を終了させる可能性がある。

報道では62歳のサッリが1年間のオフを経て監督に復帰する意思があるとも伝えられている。サッリはチャンピオンズリーグでリオンに敗れた後の昨年8月にユーヴェの監督を解任されている。

サッリはジョゼ・モウリーニョの後任として二人目の候補となっているが、現在は29歳のライアン・メイソンが暫定的にスパーズの監督を務めている。

レアル・マドリードの主力選手がチェルシー戦欠場へ

来週火曜日にチャンピオンズリーグ準決勝でチェルシーと対戦するレアル・マドリードは何人かの主軸を欠くことになる。

Goal.comによると、マドリードのフェデリコ・バルベルデはブルーズとの第1戦に欠場する見込みだという。

MFのバルベルデはコロナウイルスの濃厚接触者として自己隔離中だったが、現在は彼自身も陽性と診断されている。

バルベルデは今季マドリードのキープレーヤーとしてリーグ戦で20試合に出場しチャンピオンズリーグでも6試合に出ている。

欠場するのは22歳のバルベルデだけでなく、キャプテンのセルヒオ・ラモスも筋肉の怪我により試合に出られない状況だ。トニ・クロースとルーカス・バスケスも完全には復調していない。

対するブルーズはレアル・マドリードに勝利し、2012年以来となる決勝進出を狙う。