チェルシー関連の最新情報:ブルーズがミラレム・ピャニッチの獲得に興味を示していると報道される一方で、アラン・シアラーがマンC戦でのリース・ジェイムズのプレーを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがピャニッチに興味か

報道によるとチェルシーはバルセロナのMFミラレム・ピャニッチに興味を示しているという。

Sportの報道ではボスニア代表のピャニッチは昨夏にバルサに加入したが、ロナルド・クーマン監督の信頼を勝ち取っておらず、今度の移籍市場でチームを変える可能性があるという。

アルトゥールとの交換でユヴェントスから移籍した31歳のピャニッチは、今季リーグ戦でのスタメン出場が6にとどまっている。

報道ではブルーズはピャニッチの状況について問い合わせ、彼自身も出場機会を求めて移籍することに反対しないという。

チェルシーは昨シーズンもバルサに移籍する前のピャニッチに興味を示していたという。

状況はシーズン終了後に判断されるだろうが、ピャニッチを獲得するためにブルーズはインテルとの競争に勝つ必要があるだろう。

シアラーがジェイムズを称賛

アラン・シアラーがマンチェスター・シティを2-1で下した試合のリース・ジェイムズのパフォーマンスを称賛した。

Match of the Dayにて元ニューカッスルのFWは、WBのジェイムズがスペースを突いたことがチェルシーの勝因だと語った。

「チェルシーが勝ったのはアロンソとジェイムズが高い位置でプレーしたからだ。彼らは積極的にプレーに参加した。後半のジェイムズは素晴らしかった。ベンジャミン・メンディは彼相手にとても苦しんだ。ジェイムズのスピードとクオリティによりチェルシーが勝ったんだ。」

チェルシーはリーグで3位となり、レスター、ウェストハム、トッテナムが敗れたためトップ4入りにさらに近づいた。

「シティはジェイムズを抑えることができなかった。後半彼は3、4回チャンスを掴み、チームを牽引した。チェルシーはリスクを冒すことができる。それが大きな違いで、重要な勝利となった。」

ベルバトフが「アンビリバボー」とカンテを絶賛

元マンUのFWディミタール・ベルバトフはピッチ上を縦横無尽に駆け回るカンテが賞を受賞すべきだと言う。

Metroの報道によると、ベルバトフはカンテを非常に気に入っているという。

「カンテが大好きだ。レアル・マドリード戦では彼はどこにでもいた。彼をどうやって描写していいかわからない。非常に良い選手だ。彼のような選手に賞を与えるべきだ。献身的なプレーでピッチ上どこでもカバーする。」

カンテはレアル・マドリード戦との2戦両方でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、チャンピオンズリーグ制覇まであと一歩のところに来ている。このトロフィーを獲得できれば、既にリーグを2回、そしてワールドカップで優勝している彼のキャリアは非常に素晴らしいものとなるだろう。

「彼は周りに感謝されることを求めない。ただプレーするだけなんだ。自分の体を周りのために使う。彼は信じられないプレーヤーで、もっと称賛を受けるべきだと思う。」