チェルシー関連の最新情報:ヘスス・コロナに興味を示すブルーズ、エンゴロ・カンテの新しいポジションに満足するディディエ・デシャン。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがポルトの星に注目

報道によるとチェルシーはポルトのMFヘスス・コロナに興味を示しているという。

SIC Noticiasによると、メキシコ出身のコロナの契約はクラブ側が放出しない場合毎年移籍金が下がると言われている。

報道ではブルーズが2019年からコロナに注目しており、獲得に興味を示しているとのことだ。

先シーズン彼の代理人はコロナ禍の中でチェルシーを含む数クラブが獲得に乗り出したと語っている。

「いくつかのクラブと話をしたが、コロナウイルスによってすべてが変わってしまった。チェルシーは彼の状況を知りたがっていたが、他のクラブも興味を示しており、今のところ正式なオファーは届いていない。」

コロナは今シーズン40試合に出場し3ゴール11アシストを記録している。

カンテの新しいポジションに満足するデシャン

フランス代表のディディエ・デシャン監督がチェルシーにおけるエンゴロ・カンテの新しい役割について語った。

記者会見でデシャンはカンテが温存されることを歓迎すると述べている。

「彼は非常に高いレベルでプレーすることに慣れており、決して手加減しない。トゥヘルが彼を温存することに不満はない。しかしすべてはコミュニケーションの問題で、選手たちはより良いコンディションでクラブに戻ることができる。」

カンテは今季チェルシーで36試合に出場しているが、フランス代表でも重要な役割を担っている。デシャンはトーマス・トゥヘル監督の下カンテが非常に良いコンディションを維持していることを強調する。

「カンテはここ数シーズン、フィジカル面で問題を抱えている。しかし彼は加減を知らず、それを変えることもしないだろう。経験によりもっと自己管理ができるようになるだろう。」

代表での経験について語るグエヒ

イングランドのユース代表に召集されることでチェルシーやスウォンジーでより良いプレーができるようになったと語るマーク・グエヒ。

Goal.comの取材に対し、グエヒはU-21欧州選手権に臨むヤング・ライオンズのトレーニングについて語った。

「U-16の初日から今まで自分のことを信じてくれた。毎回召集されるたびに自信がつくし、成長してクラブに戻ることができる。」

グエヒはレンタル先のスウォンジーでスティーブ・クーパー監督の下50試合出場を達成し、素晴らしいパフォーマンスを維持している。彼は代表での経験により更に成長できると考える。

「ユースチームで長い間プレーした自分のような選手にとって代表に入るのは夢が叶う瞬間で、そこでできるだけ学びたいと思う。色々な知識を吸収したい。特に今シーズンは充実している。」