チェルシー関連の最新情報:報道によるとブルーズはモナコのMFオーレリアン・チュアメニに興味を示している。ウェイン・ブリッジは欧州選手権に召集されたビリー・ギルモアを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがチュアメニに興味か

報道によると、チェルシーはモナコのMFオーレリアン・チュアメニに興味を示している。

Jeunes Footeuxによると、ブルーズは今季大活躍した21歳のチュアメニに好感を抱いているそうだ。

2020年にモナコに入団したチュアメニは、元バイエルン・ミュンヘン監督のニコ・コヴァッチの下で躍進した。

「彼はこのチームのシンボルだ」と語るコヴァッチ。「彼は最も躍進した選手で、激しいトレーニングで多くを学んでいる。このまま成長していけば彼は素晴らしいキャリアを進むだろう。何を求められているかわかっているし、自分のやるべきことを尊重している。」

チュアメニは今シーズンリーグ・アンで35試合に先発出場し2得点3アシストを記録した。

報道によると、トーマス・トゥヘルは彼のような中盤の選手を好み、来シーズンのチーム構想に入れる可能性があるという。

昨シーズンモナコが1800万ポンドで獲得したチュアメニの移籍金は現在4000万ポンドと言われている。

ブリッジがギルモアを称賛

ビリー・ギルモアには大きなポテンシャルがあり、チェルシーにとって重要な選手になるだろうと語るウェイン・ブリッジ。

元ブルーズLBのブリッジが今季9試合に出場したギルモアを称賛した、とMetroが報道した。

「チェルシーでは同じポジションに多くの選手を補強するから簡単ではないが、彼は質の高い選手だ。まだ19歳でこれからまだチェルシーで長くプレーするだろう。彼はプレミアリーグでトップクラスのチームでプレーしており、チャンスを掴めばチームで重要な選手になるだろう。」

先週ギルモアはEuro 2020に向けてスコットランド代表に選ばれた。まだ代表での試合出場はないが、彼に向ける期待は非常に大きい。

「選手としては毎試合プレーしたいだろうし、出場できなければ自信を失うこともある。だが彼はまだ若いし、素晴らしいポテンシャルを持っているから長年チェルシーでプレーして欲しい。」

BBCコメンテーターがリュディガーをベスト11に選出

BBCのコメンテーター、ガース・クルックスがアントニオ・リュディガーをチーム・オブ・ザ・シーズンに選出した。

リュディガーは今季チアゴ・シウバと共にディフェンスのリーダーとしてチェルシーで重要な役割を担った。

「彼のプレーは華麗とは言えないかもしれないが極めて効果的だ」と語るクルックス。「リュディガーはシーズン序盤出場機会に恵まれなかったが、FAカップ決勝、そしてチャンピオンズリーグでプレーした。」

リュディガーが出場した試合の勝率は58%、欠場時は42%となった。

「ブルーズの連続クリーンシートはトゥヘルの狡猾さを示すものだ。リュディガーはクラブで最高のディフェンダーの一人で相手にとっては恐るべき選手だ。」