チェルシー関連の最新情報:ブルーズがミラレム・ピャニッチに興味を示していると報道される一方、ウェイン・ブリッジがティモ・ヴェルナーとディディエ・ドログバを比較した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがピャニッチに興味

チェルシーが、バルセロナのMFミラレム・ピャニッチのレンタル移籍に興味を持っていると報じられている。

Le10Sportの報道によると、ブルーズはスペインで出場機会に恵まれていないピャニッチの獲得を狙っているという。

ピャニッチは今シーズン、リーグ戦では18試合の出場で600分、チャンピオンズリーグでは8試合の出場で500分に満たなかった。

ピャニッチはわずか11ヶ月前に6000万ポンドでバルセロナと契約したが、オランダ人監督のロナルド・クーマンは彼のことを気に入らなかったようだ。

この報道によると、ブルーズとパリ・サン=ジェルマンがピャニッチに興味を持っており、どちらも1シーズンのレンタル移籍を希望しているという。

チェルシーはバルセロナに移籍する前にもピャニッチの獲得に興味を示していたと報じられていた。

ブリッジがヴェルナーとドログバを比較

ウェイン・ブリッジは、ティモ・ヴェルナーがイングランドで初シーズンから活躍したディディエ・ドログバからインスピレーションを得るべきだという。

元ブルーズの左サイドバックであるウェイン・ブリッジは、Metro(メトロ)紙の記事の中で、来シーズン、ヴェルナーは今季よりも多くのゴールを決めるだろうと述べている。

「今シーズンのヴェルナーにとって運が大きな要因となったと思う。彼の姿勢は素晴らしいし、チームのために非常に良いプレーを見せた。ドログバもチェルシー初シーズンは献身的にプレーし、最後は良い成績を残した。だからヴェルナーもそうなると思う。」

ドログバはチェルシーで254試合に出場し104ゴールを決め、さらにチャンピオンズリーグでも44得点を記録した。

「彼は守備陣にとって悪夢だった。ヴェルナーは非常に良い選手だし、自信がつけば攻撃の本能が戻り得点を重ねるだろう。今の姿勢のままでいればいつかそうなるだろう。」

フォーデンがカンテを最強の相手と明言

フィル・フォーデンが自分のキャリアの中で最も手強い相手としてエンゴロ・カンテの名前を挙げた。

Sky SportsのQ&Aでフォーデンは、いかにカンテが対戦しづらい相手かを語った。

「当たり前かもしれないけど、カンテだね。彼はどこにでも現れる。抜き去ったと思ってもついてくるんだ。何でもできるし走り回るし、本当に凄い選手だから対戦するのが一番嫌な相手だ。」

今季カンテはチェルシーのキープレーヤーとしてチャンピオンズリーグの重要な試合などで大活躍している。

フォーデンとカンテは来週末にポルトガルで行われるチャンピオンズリーグ決勝で再会する。