チェルシー関連の最新情報:報道によるとチェルシーがアダマ・トラオレに興味を示している。一方でドイツの英雄、ローター・マテウスがカイ・ハフェルツとジネディーヌ・ジダンを比較した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがトラオレに注目

チェルシーがウォルバーハンプトン・ワンダラーズのウイング、アダマ・トラオレに興味を示している報じられている。

ASによると、このスペイン人のトラオレは来季、ウィングバックとしてブルーズに加入する可能性があるという。

インテル・ミラノのアシュラフ・ハキミが第一候補とされているが、パリ・サン=ジェルマンもハキミに興味を示していることから、ブルーズは他の選手に目を向ける可能性があるという。

現在、ユーロでスペイン代表としてプレーしているトラオレは、2020/21シーズンでは1試合を除きすべての試合に出場し、プレミアリーグでその能力を実証済みだ。

25歳のトラオレはキープ力があり、トーマス・トゥヘルにとって非常に魅力的な戦力としてチームの競争をさらに高めることになるだろう。

報道によると、ブルーズはトラオレの獲得のためにリーズとの獲得争いに勝つ必要があるという。

ジダンと比較されるハフェルツ

ドイツのレジェンドであるローター・マタウスは、ポルトガル戦で素晴らしいプレーを見せた22歳のカイ・ハフェルツに最高の賛辞をおくった。

元バイエルン・ミュンヘンのMFであるマタウスは、Kickerのインタビューでハフェルツのプレースタイルをフランスのレジェンド、ジネディーヌ・ジダンになぞらえた。

「テクニックや洞察力ではジダンと比較できる。ジダンはスピードのある選手ではなかったが、ボールを素早く処理することができた。ハフェルツも同じだ。彼はいい洞察力を持っており、ボールコントロールやポジショニング、そしてテクニックも素晴らしい。」

ハフェルツは、チャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦で決勝点を決め、シーズンを締めくくった。今シーズンは9ゴール9アシストを記録している。

「ハフェルツはスマートに体をつかってプレーできる。才能だけを見れば、監督は彼を常に起用するだろう。彼はすべてを兼ね備えているが、監督の信頼を必要とする。攻撃では既にトーマス・ミュラーがポジションを確保しているが、個人的にはハフェルツがそこでプレーすべきだと思う。」

コメンテーターがクリステンセンを称賛

リオ・ファーディナンドとディオン・ダブリンは、昨夜のロシア戦でデンマークを決勝トーナメントに導いたアンドレアス・クリステンセンの長距離シュートを絶賛した。

チームメイトのクリスティアン・エリクセンがフィンランド戦でピッチに倒れ込むなどデンマークにとって厳しいグループステージとなったが、BBCの番組でコメンテーターは決勝トーナメント進出に貢献したクリステンセンの活躍を称賛した。

「あんな風にボールを蹴ることができるのか?信じられないよ。」

ブルーズのCBは、ロシアのクリアーボールに反応してエリア外からシュートを放った。

デンマークのファンの前でチームメイトと共に喜ぶ姿が、このゴールが彼にとってどれほど大切なものかを物語っていた。デンマークは土曜日にウェールズと対戦する。

ダブリンは、「なんというシュートだ。キーパーはまったく反応できなかった」と語った。