チェルシー関連の最新情報:ブルーズがラファエル・ヴァランの動向に注目する一方、メイソン・マウントがブルーズでのタイトル獲得に意欲を見せた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがヴァランに興味

チェルシーが夏の移籍市場でのラファエル・ヴァラン獲得に興味を持ち続けているとのことだ。

ASの報道によるとレアル・マドリードは契約延長の交渉が滞っているヴァランに興味を示すクラブを探しているとのことだ。27歳のヴァランのレアルとの契約は2022年までとなるため、この夏の移籍市場が移籍金を得る最後のチャンスとなる。

レアルはヴァランの移籍金を6100万ポンドと設定しており、ブルーズの他にマンUやPSGが彼の獲得に興味を示している。ヴァランは最近レアルで350試合出場を達成し、まだ若いながらも非常に経験豊富なCBだ。

多くのCBに興味を示しているブルーズだが、ヴァラン獲得はチームにとって大きな補強となるだろう。スペインで19のタイトルを手にしたヴァラン。その中にはチャンピオンズリーグ優勝4回、リーガ優勝4回が含まれ、更に代表としても2018年にワールドカップを制している。

タイトルを渇望するマウント

メイソン・マウントがブリッジでトロフィーを獲得したいと語った。Daily Mailのインタビューでマウントはチェルシーでタイトルを獲得するのが第一の目標であると認めた。Daily Mailのインタビューでマウントはチェルシーでタイトルを獲得するのが第一の目標であると認めた。

「それがチーム全員の目標だ。それまでは満足したとは言えないだろう。プレミアリーグやカップ、チャンピオンズリーグ優勝を目標に掲げなくてはならない。」

マウントはアカデミー時代のFAユースカップで多くのタイトルを手にしており、トップチームでも次のステップに進めると信じる。

彼は経験豊富な選手たちが若手選手を支えブリッジにタイトルをもたらすとも考える。

「このチームならできると思う。みんな貪欲にタイトルを狙っている。ベテランの選手たち過去に優勝経験があり、若い選手に最高峰のレベルで勝つことの意味を教えてくれる。チェルシーのようなビッグクラブでタイトルを獲りたい。」

パーカーがロフタス=チークを称賛

フラムのスコット・パーカー監督がレンタル移籍して以来のルベン・ロフタス=チークの活躍を称賛した。

フラムは現在降格争いの中5試合連続無敗でパーカーはチームに改善が見られたのはロフタス=チークのおかげでもあると語る。

「チームの中に大きく成長した選手がいる。まだ伸びしろはあるが、今の段階で既にパワーもテクニックも非常に優れた中盤の選手だ。」

アキレス腱を負傷し復帰まで10か月かかった25歳のロフタス=チークは、より早くコンディションを戻すためにフラムにレンタル移籍した。

ブルーズの中盤でプレーしたパーカーはロフタス=チークをチームにとって重要な選手と見なしている。

「彼は自信を取り戻している。環境やこの短い期間に行ったトレーニングにより見事に復調した。彼のパフォーマンスに非常に満足しているし、良い方向に向かっている。」