チェルシー関連の最新情報:ブルーズがジョルジニオ・ワイナルドゥムに興味を示す一方、ロイ・キーンがメイソン・マウントを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがワイナルドゥムに興味か

ブルーズがワイナルドゥムに興味か

チェルシーがリヴァプールのMFジョルジにオ・ワイナルドゥムの獲得に乗り出していると言われている。

Marcaの報道によるとブルーズはワイナルドゥムを今季終了後に獲得する可能性があるとのことだ。

30歳のワイナルドゥムは近々フリーエージェントとなるため、昨季王者のリヴァプールを退団することが濃厚とされる。

報道ではPSG、バルセロナ、インテル・ミラノもワイナルドゥムの獲得に興味を示しているという。

ワイナルドゥム本人はまだ将来については決まっていないとコメントしている。

「いつも将来についての質問をしてくるけど、前述の通りまだ何も決まっていない。ニュースがあればその時話すよ。」

キーンがマウントを称賛

ロイ・キーンがメイソン・マウントのクラブ・代表でのパフォーマンスを高く評価した。

イングランド対ポーランドの試合前にITVにて元マンUのMFはメイソン・マウントを称賛した。

「最近選手たちがチームを選ぶようになったけど、マウントはどの監督の下でもいいプレーをしているし、誰もが彼をスタメンに選んでいる。彼は秀でた選手で、中盤のオールラウンダーになることを目指しているだろう。ピッチ外で彼について否定的な意見を聞いたことはないし須原いい青年なのだろう。」

キーンはレンタル先のダービーとフィテッセでプレーしたことがチェルシー、そして代表でプレーするための良い準備になったと考える。

「彼はレンタル移籍していい成績を収めた。素晴らしい選手でこれからの活躍に期待したい。」

ファーディナンドがベストMFにランパードを選出

リオ・ファーディナンドがもし自分が監督だったらフランク・ランパードを中盤で起用すると語った。

自身のYouTube番組FIVEにて元マンUのDFはポール・スコールズ、スティーブン・ジェラード、フランク・ランパードについて議論した。

「自分が監督だったらランパードを選ぶ。彼は毎シーズン20ゴール決めてくれる。監督としては試合を決める活躍をしてほしい。ランパードは20点以上取れアシストもできる。」

ランパードについては数字が全てを物語ると言うファーディナンド。現役時代177得点を決めたランパードはプレミアリーグの通算得点ランキングで5位となっている。さらにアシストでも102本で4位につけている。

「ランパードは得点に関して3人の中で一番貢献している。誰も彼に近づけない。ゴールとアシストすべてで圧倒し、エリア内では非常に冷静な選手だった。」