チェルシー関連の最新情報:報道によるとブルーズはエドゥアルド・カマヴィンガの獲得に興味を示している。一方でロベルト・マンチーニはイタリア代表にポジティブな影響を与えるジャンルカ・ヴィアッリを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがカマヴィンガに関心か

報道によるとチェルシーはフランス人MFエドゥアルド・カマヴィンガに関心を抱いているとのことだ。

フランスの記者ジュリアン・ローレンスによると、カマヴィンガがレンヌを退団する場合、チェルシーが移籍先の候補となる可能性があるという。

「4つのクラブが移籍先として候補に挙がっているが、レアル・マドリードは入っていないようだ。つまり、パリ・サン=ジェルマン、チェルシー、マンUの3クラブに絞られる。まだ正式なオファーはなく、今はカマヴィンガの代理人と話し合っている段階だ。」

カマヴィンガはレンヌとの契約更新を望んでおらず、クラブ側は近々彼を放出するとみられる。

報道では、昨季エドゥアール・メンディを獲得したチェルシーがレンヌと良い関係にあるとも言われている。

「ペトル・チェフはレンヌ出身で今でも多くの友人がいる。」

マンチーニがヴィアッリを称賛

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がEuro 2020でスタッフとしてチームに大きく貢献している元チェルシーのジャンルカ・ヴィアッリを称賛した。

マンチーニはEuro 2020決勝のイングランド戦を前に行われた記者会見で、元チームメイトのヴィアッリを「兄弟」と呼んだ。

「ヴィアッリとは非常に長い付き合いだ。ほとんど一緒に成長してきたと言ってもいいだろう。何年も一緒にプレーしてきて、これまで築き上げてきたものは単なる友人関係ではなく、兄弟のようなものだ。」

ヴィアッリは現在33戦連続無敗でここ14試合連勝しているイタリア代表のスタッフを務めている。

「みんなが良い関係にある。選手、スタッフ、そしてヴィアッリもその中に含まれる。彼の発言はチームにとって重要なものだ。」

ジョルジーニョのパス能力を評価するレドナップ

ジェイミー・レドナップは、ジョルジーニョが日曜にウェンブリーで行われるEuro 2020決勝のイングランド戦で重要な役割を果たすと確信している。

Sky Sportsにて元リヴァプールMFのレドナップは、イングランドがEuro 2020で優勝するためにはジョルジーニョを止めなければならないと語った。

「ジョルジーニョは技術的に素晴らしい選手だ。彼に対してプレッシャーを与えることができるだろうか?」

ジョルジ―のは持ち前のパスさばきで今大会輝きを放っている選手の一人で、クラブでのチャンピオンズリーグ制覇に続き、日曜のウェンブリーでは代表でもタイトル獲得を狙う。

「もちろん彼は素晴らしい選手だ。ボールを受け取ってパスを回すことができる。相手が下手に見えることもある。彼の動きを読んでプレッシャーをかけ、高い位置でボールを奪うことがカギとなるだろう。」