チェルシー関連の最新情報:報道によるとブルーズはアルフォンソ・ペドラサに興味を示している。一方でウィリアム・ギャラスがエンゴロ・カンテを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがペドラサに注目

チェルシーが、ビリャレアルの左サイドバック、アルフォンソ・ペドラサに注目していると報じられている。

La Razon紙の報道によると、ブルーズは左サイドのさらなる強化を狙っており、ペドラサの獲得を検討しているという。

ペドラサは今シーズン、ビリャレアルで44試合に出場し、元アーセナルのウナイ・エメリ監督の下、キープレーヤーとしての地位を確立した。

25歳のペドラサの現在の契約は2025年までで、3500万ポンドの放出条項がある。ヨーロッパリーグで優勝を果たしたビリャレアルは選手の放出により資金を調達する可能性があると報じられている。

また、ペドラサについては1年以上前からナポリが興味を示しており、チェルシーとの獲得争いに臨む可能性もあると報じられている。

ギャラスがカンテを称賛

ウィリアム・ギャラスがブルーズのMFエンゴロ・カンテを世界最高のフットボーラーと称した。101 Great Goalsにて元チェルシーDFのギャラスは、同じフランス人で今季もスタンフォードブリッジにて大活躍したカンテを称賛した。

「誰もがカンテのことが好きだし、理由は簡単だ。現時点で彼が世界最高の選手だからだ。ゴールを見たいがために、攻撃の選手がより評価されるのはわかっている。」

カンテはEuro 2020グループリーグ初戦のドイツとの試合にフル出場し、チームは1-0で勝利した。この試合、カンテのボールタッチ数は66回、パス成功率は88.2%でロングパス3回すべてを成功させた。

「イングランドに来てからカンテが成し遂げたことは驚異的だ。彼はレスターでリーグ優勝を果たし、チェルシーで3つのタイトルを手にした。ヨーロッパリーグ、そして今シーズはチャンピオンズリーグを制覇し、フランス代表ではワールドカップで優勝した。これは凄いことで、私にとっては彼が世界一の選手だ。」

ヴェルナーは周囲の批判を払拭するだろうと語る元ドイツ代表監督

元ドイツ代表監督のベルティ・フォクツ氏は、ティモ・ヴェルナーにゴール前でより利己的になる必要があるという。

Sportsbuzzerにてフォクツはヴェルナーがヨアキム・レーヴ監督にとって重要な選手になる可能性を秘めているとも語った。

「前線でプレーするヴェルナーを見たい。彼は持ち前のスピードでゴール前のスペースに走り込むことができる。一対一の場面でも強さを見せつけるだろう。」

イングランドでデビューシーズンを過ごしたヴェルナーは、代表でもクラブと同じようにチームに大きなインパクトを与えたいところだ。ヴェルナーはドイツ代表で40試合に出場し16ゴールを決めている。

「ストライカーなら横にいるチームメイトではなく、自分でゴールを決めに行くべきだ。ストライカーはゴールの数で判断されるし、決定的なゴールを決めればヒーローとなる。」