チェルシー関連の最新情報:ブルーズがジェイドン・サンチョの獲得に動くと報じられる一方、ジョン・テリーが週末の試合後にある選手を称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

サンチョを巡り獲得争いをするブルーズとマンU

ESPNの報道によると、ジェイドン・サンチョの移籍に対するボルシア・ドルトムントの要求額が下がったこともあり、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがこの夏の獲得を目指しているとのことだ。

ドイツで輝くサンチョの獲得争いで一歩リードしているとみられるのはマンチェスター・ユナイテッドだが、トーマス・トゥヘルが元ドルトムント監督ということもあり、ブルーズも彼の獲得に動く可能性がある。

「報道によるとジェイドン・サンチョは来シーズンにマンUへ移籍する可能性が高いがチェルシーとの獲得争いに勝つ必要があるだろう。マンUは長い間サンチョの獲得を狙っており、この夏ようやく彼をオールドトラフォードに連れてくることができるとみている。しかし、トーマス・トゥヘルが彼の獲得を望んでおり、ボルシア・ドルトムントも要求額を下げたこともあり、チェルシーが獲得争いに参加すると噂されている。財政難のドルトムントが要求するサンチョの移籍金は1050万ポンドと言われ、複数のクラブが彼の獲得に動く可能性がある。」

JTがチェルシーMFを称賛

元チェルシー主将ジョン・テリーがシェフィールドU戦でのメイソン・マウントのプレーを高評価した。

マウントはブラモール・レーンで先制点を決め、更にジョルジーニョが2試合連続となるPKを決めブルーズは2-1で勝利した。そして試合後ジョン・テリーはInstagramでマウントのパフォーマンスを褒め称えた。

自身のInstagramアカウントでテリーは「メイソン・マウント、なんという選手だ。どのコメンテーターも彼について言及しないのはどうしてだ?」とコメントした。

元キャプテンのテリーは現在アストンヴィラでディーン・スミス監督の下でチームスタッフを担当しているが、最近は空席となっているボーンマスの監督に就任すると噂されている。

6歳児が描いたカノヴィルの絵をコブハムで展示

コブハムに展示されることになったポール・カノヴィルの絵を描いた小学生が、パンデミック終了後にクラブ見学に招待された。

リオ・ラフキンが描いたカノヴィルの絵はアカデミーのレセプションに飾られることになった。

アックフィールドのニュースによると、6歳のリオ・ラフキンはチェルシーのコロナウイルスのパンデミックが終焉するとともにチェルシーのアカデミーに招待されるとのことだ。

「これはセイント・フィリップス小学校に通うラフキンがポール・カノヴィルの絵を描き、それがアカデミーに展示されたことによる。リオは学校のブラックヒストリー月間というプロジェクト内でポールの絵を描いた。彼がカノヴィルの絵を描こうとしたのは、子供の頃からチェルシーのシーズンチケットを保有する継父フィル・バーンの影響だという。」

カノヴィルはチェルシー史上初めてトップチームでプレーした黒人選手で、長い間人種差別問題に取り組んできた。ポールは現在体調を崩し入院中で、クラブの全員が快方に向かうことを願っている。