チェルシー関連の最新情報:ブルーズがレオナルド・スピナッツォーラに関心を抱いていると報道される一方、アンドレス・ダレッサンドロがメイソン・マウントを高く評価した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがスピナッツォーラに関心

チェルシーがイタリア代表の左サイドバック、レオナルド・スピナッツォーラに関心を抱いていると報道されている。

Il Messagero紙によると、ブルーズはEuro 2020で輝きを放っているローマのSBに興味を持っているとのことだ。

報道では、トーマス・トゥヘルはディフェンスの強化を図っており、スピナッツォーラも獲得候補に挙がっている。

28歳のスピナッツォーラはロベルト・マンチーニ監督率いるイタリア代表で活躍し、今回のユーロではオーストリアとトルコ戦でスター・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

元ユヴェントスのスピナッツォーラは攻撃参加し相手DFに1対1を仕掛けるのが得意だ。

報道によると、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任したばかりのローマはどのオファーも拒絶しないとのことだ。

スピナッツォーラにはブルーズのほかにもレアル・マドリードが興味を示していると言われている。

憧れの存在に称賛されるマウント

元ポーツマスFWアンドレス・ダレッサンドロは、機会があれば是非メイソン・マウントとユニフォームを交換したいと語った。

Goal.comに対し、現在40歳でナシオナルに所属するダレッサンドロは、マウントが10歳の誕生日に彼のユニフォームをもらったというエピソードを聞いたそうだ。

「誇りに思うよ。もちろん彼にサイン付きユニフォームを贈りたい。ナシオナルとブルーズのユニフォームを彼と交換したい。彼のユニフォームをもらえれば嬉しいだろうね。」

現在イングランド代表としてEuro 2020に参加しているマウントは、クラブでのチャンピオンズリーグ制覇に続き、代表でもトロフィー獲得を狙っている。

「プレミアリーグを見ているから彼のことも知っている。素晴らしいポテンシャルを持っている選手だ。もちろんまだ若いけど、既にその才能を発揮している。両足でプレーできるし、素早くて決定力もある。このまま成長し続けてほしい。彼は世界最高峰のクラブにいるからね。」

クリンスマンがヴェルナーを評価

元ドイツ代表ストライカーのユルゲン・クリンスマンは、ウェンブリーでのイングランド戦(2-0)の前に、ティモ・ヴェルナーを称賛した。

クリンスマンはBBCの番組で、ヴェルナーを本物のストライカーと称賛し、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が彼をスタメンに選んだことを評価した。

「彼は特別な選手だ。スピードがあり予期できないプレーを見せる。1秒で相手を窮地に追い込むことができる。」

ヴェルナーは代表でこれまでに42試合出場し16得点を記録している。

「チャンピオンズリーグでは重要な役割を果たした。レーヴ監督はビッグマッチで信頼するヴェルナーを起用した。」