チェルシー関連の最新情報:報道によるとアーリング・ハーランドのチェルシー移籍がより現実味を帯びる一方で、ファビオ・カペッロがジョルジーニョをイタリア代表の主力選手と認めた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

高まるハーランド獲得への期待

チェルシーがボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドの獲得に向けて準備を進めていると報じられている。

英紙Daily Mailよると、チェルシーはこの20歳のストライカーの獲得に一歩近づいたという。

この報道によると、ドイツで良いシーズンを過ごしたハーランドは、今夏ブルーズに移籍することを望んでいるという。ハーランドはシーズン3位に終わったドルトムントのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。昨シーズンは41試合で41ゴールを挙げ、現在ヨーロッパで最も人気のある選手の一人だ。

ドルトムントはハーランドの売却を望んでいないが、ブルーズは水面下で彼の獲得に向けて動いているとのことだ。

カペッロがジョルジーニョを称賛

元イングランド代表監督のファビオ・カペッロがブルーズのMFジョルジーニョに対する自身の見解を訂正した。

Corriere dello Sport紙でカペッロは、好調を維持するジョルジーニョがイタリア代表にとって重要な選手であることを認めた。

「ジョルジーニョはマンチーニにとって一番重要な選手だ。彼の能力を完全に確信していなかったが、試合を注意深く見た。」

ジョルジーニョはEuro 2020において、素晴らしいパスワークにヨーロッパ中からより多くの称賛を受けている。イタリア代表は金曜日に準々決勝でベルギーと対戦する。

「彼はポジショニングが良くチームを統率できるミッドフィルダーだ。イタリアの失点が少ないのは、彼が適時に相手の攻撃を阻止しているからだ。」

レドナップがウクライナ戦でのマウント先発を希望

元イングランド代表MFジェイミー・レドナップは、メイソン・マウントがEuro 2020の準々決勝対ウクライナ戦で先発出場するべきだと述べている。

Sky Sportsでコメンテーターを務めるレドナップは、ガレス・サウスゲート監督は次戦、これまでとは異なるタイプの選手をスタメン起用すべきだと語った。

「ウクライナ戦では今までとは少し違うサッカーをする必要があるかもしれない。延長戦迄もつれこんだスウェーデン戦では疲労が溜まっているように見えた。だから攻撃的な選手をより多く起用すべきだ。マウントはスタメン出場するかもしれない。」

22歳のマウントはサウスゲート監督にとって重要な選手で、代表デビュー以来、召集されたほとんどの試合に出場している。

「サウスゲートはうまくチームを管理しなくてはならない。他のチームと比べてフレッシュな選手が多いのはいい事だ。マウントはスタメン出場するだろうし、ジャック・グリーリッシュも見たい。」