チェルシー関連の最新情報:ブルーズがサウル・ニゲスの獲得に興味を示す一方で、ジョディ・モリスがスウォンジーの新監督候補に挙がっている。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシーがサウル獲得か?

スペインのMarca紙によると、ブルーズがサウル・ニゲスの獲得をめぐってアトレティコ・マドリードとの交渉を始めたとされる。

MFのサウルは、ディエゴ・シメオネ監督の下でリーガ優勝を果たしたばかりだが、マドリードを去る可能性が高いと伝えられている。

チャンピオンズリーグを制したチェルシーがサウル獲得に動き出したのは、トーマス・トゥヘルの影響が強いと言われている。AS紙によるとリヴァプールも彼の獲得に乗り出しているが、交渉はそれほど進んでいないようだ。

コパ・アメリカで優勝したロドリゴ・デ・パウルが加入したことにより、サウルはアトレティコにとって必要不可欠な存在ではなくなるため、移籍の可能性も高まっている。

26歳のサウルに興味を持っているのは、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプールがおり、バルセロナもアントワーヌ・グリーズマンとのトレードを希望していると報じられている。

スウォンジーがモリスと接触

The Athleticによると、元チェルシーのMFジョディ・モリスがスウォンジーの次期ヘッドコーチの有力な候補となっているようだ。

2013年に引退したモリスは、1月にフランク・ランパードのアシスタントコーチとしてチェルシーを去って以来、サッカーから遠ざかっていた。

この2人は、ダービー・カウンティでチャンピオンシップのプレーオフ決勝に進出したシーズンを含め、2年間を共に過ごした。また、モリスはチェルシー・アカデミーで数年間コーチを務め、ユースチームでもトロフィーを獲得している。

2013年に現役を引退した現在42歳のモリスは、チェルシー、リーズ、ロザラム、セント・ジョンストン、ブリストルでプレーした。

モリスがスウォンジーと合意に達した場合、2年間の任期を終えて退団したスティーブ・クーパーの後任としてチームを率いることになる。

ブラジルのレジェンドがジョルジーニョを称賛

元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが、ブルーズのMFジョルジーニョを称賛した。

同氏は29歳のジョルジーニョがチェルシーとイタリアの欧州制覇に重要な役割を果たしたことについて語った。

「どんなトップチームでもジョルジーニョはプレーできる。テクニック、ビジョン、冷静さを兼ね備えていて、いつも何がベストかを把握している。」

ブラジル出身のジョルジーニョは、今シーズンの活躍によりバロンドールを受賞する可能性もあると言われている。

「彼はボールカットがうまい。それはポジショニングの良さから来るもので、イタリアとチェルシーにとってキープレーヤーだった。ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグを制したのだから、イングランドのサポーターは彼の銅像をつくるべきだよ!」