チェルシー関連の最新情報:ジョー・コールがエーリング・ハーランドの獲得を推す一方、マラング・サールがレンタルのポルトでのキャリアについて語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

コールがハーランド獲得を熱望

エーリング・ハーランドを獲得することにより、ブルーズがタイトル争いに参加できると考えるジョー・コール。「ほしいのは一人だけ、ハーランドだ。このチームには既にどのポジションにも有能な選手が十分いる。」

ここ数か月リーズ生まれのFWのブルーズ移籍について多くの噂が立っている。ハーランドは今季29試合に出場して31得点を記録している。

「彼のような選手が必要だ。これにより毎年タイトルを争う栄光の日々に戻れるだろう。」

レンタル先でのキャリアを語るサール

マラング・サールがレンタル先のポルトでプレーすることは選手として成長するためだったと語った。

L’Equipeのインタビューでサールはチェルシーへの移籍、そしてレンタル先のポルトでの日々について語った。

「レンタル前はチェルシーでトレーニングに参加していた。レンタル移籍はクラブとのプランの一環だ。去年は3月にシーズンが終わってすぐにチェルシーで通用するとは思わなかった。」

サールはこれまでにポルトで19試合に出場している。最近では勝利に終わったチャンピオンズリーグのユヴェントス戦にも出場した。

「完璧なプランだった。ポルトのようなトップクラブでプレーしたかったしね。選手として向上してチェルシーでポジションを獲得したい。」

ブリッジでのプレーを夢見るブレシアFW

フロリアン・エイがチェルシーでプレーすることを夢見ていると明かした。

So Footにて将来ブルーズでプレーしたい理由を語ったエイ。彼は最近、ブレシアの選手として初めてイタリア・セリエBで7試合連続得点を達成した。

「チェルシーでプレーすることが夢だ。プレミアリーグやチャンピオンズリーグで優勝したい。」

エイは2019年にクレルモンからブレシアに移籍し、今季は26試合で10ゴールを決めている。

「たまに日中にも考えることがある。子供の頃父がロッベンのユニフォームを買ってくれたんだ。ずっとチェルシーのファンだったし、ドログバが大好きだった。だからチェルシーのことが好きになったんだと思う。」