これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

元チェルシー監督がレアル・マドリードと契約間近だったことを明かす

Football Italiaの報道によると、アントニオ・コンテはレアル・マドリードの監督に就任する寸前だったことを明かした。CLアウェーでのレアル・マドリードとの試合前日会見に臨んだインテル・ミラノ監督のアントニオ・コンテ。「何度かレアル・マドリードの監督になるチャンスがあった。だがシーズンが既に始まっており、途中から就任するのは難しかったし、既にクラブ側の予定が決まっていたから話は流れた。今はインテルに集中している。このプロジェクトを強い意志で初めて、今は満足している。良いチームができ上っている。」コンテはチェルシーの監督を2年務め、3-4-3の布陣で2016/17シーズンにプレミアリーグ、2017/18にはFAカップで優勝した。

デクラン・ライス獲得を諦めないブルーズ

The Athleticの報道によると、ブルーズはまだイングランド代表MFデクラン・ライスの獲得を諦めていないという。

この報道では、チェルシーはライス獲得に向けて移籍金を提示したことはないが、経験豊富でオールラウンドプレーヤーである彼の獲得を最優先にしているという。ライスはウェストハムで守備的MFまたはCBとして106試合に出場している。

The Athleticによると、チェルシーがライス獲得に乗り出しているため、ウェストハムとの契約更新が難航しているとのこと。彼のウェストハムとの契約は2024年までとなっている。

ライスはリーグ戦全試合で後退することなくプレーし、イングランド代表にも継続的に召集されている。

ライスは7歳の時にチェルシーに入団し、メイソン・マウントのチームメイトとしてアカデミーで活躍、その後14歳の時にウェストハムに入団した。

ティム・シャーウッドがチェルシーを優勝候補に挙げる

元トッテナム監督ティム・シャーウッドがチェルシーを今季のリーグ優勝候補の一つに挙げた。

週末のPremier League Productionsの番組内でシャーウッドは優勝候補に3チームを挙げた。

「リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・シティのどれかだ。チェルシーはチームとして完成しており、他2チームと競う準備ができていると思う。」

チェルシーはアウェーでのバーンリー戦で3得点を挙げ大勝した。

守備面でも、新規加入選手のおかげで失点が減り、エドゥアール・メンディはまたもやクリーンシートを達成した。

ブルーズはCLグループステージ、ホームでのレンヌ戦で5連続クリーンシートを狙っている。