チェルシー関連の最新情報:リオ・ファーディナンドがデクラン・ライスのブルーズ移籍を予想、アントニオ・カッサーノがフランチェスコ・トッティのチェルシー移籍話について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ライスのブルーズ入団を確信するファーディナンド

ここ数か月チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されているデクラン・ライスだが、元マンUのリオ・ファーディナンドは彼の移籍先はブルーズになるだろうと言う。

自信のYouTubeチャンネルでライスは無理にチームを退団することはないだろうが、夏に移籍するだろうと語ったファーディナンド。

「冬季市場で移籍するとは思わない。シーズン残りは今のクラブに残るだろう。クラブに退団を懇願するようなタイプの選手ではない。」

ライスはリーグ戦で100試合以上に出場しており、イングランド代表でもレギュラーとして活躍している。元々14歳までチェルシーのアカデミーにいたライスは古巣に戻るだろうと考えるファーディナンド。

「現実的に見て彼が来シーズン移籍するのは不可避だと思うし、移籍先はチェルシーになるだろう。」

カッサーノがトッティのチェルシー移籍話を暴露

元ローマFWのアントニオ・カッサーノがイタリアサッカーのレジェンド、フランチェスコ・トッティがチェルシーに移籍する可能性があったことを明かした。

Football Italiaの報道によると、カッサーノはトッティがチェルシー入団間近だったと語った。

「2004年の欧州選手権で良い活躍をしてクラブに戻ったんだ」とTwitchのストリームで語ったカッサーノ。

「トッティはクリスチャン・ポウルセンに唾を吐くというミスを犯した。そしてフランコ・バルディーニは彼をチェルシーに売ったんだ。トッティはそのことを聞いて、大きな問題となった。」

トッティは一度も移籍することなくローマで現役を引退し、彼の年代では最もクラブに忠実な選手と見なされている。

フラム監督がロフタス=チークを擁護

フラムのスコット・パーカー監督はルベン・ロフタス=チークの調子が上がっていると考えている。

ロフタス=チークは2-0で勝利したFAカップ第3回戦のQPR戦にフル出場した。

フラムは今夜トッテナムと対戦するが、今季好調のロフタス=チークの活躍が期待される。

「ルベンは素晴らしいテクニックを持っており、毎試合どんどん良くなっている。彼は他の選手にはないゴール、アシスト、そして試合のペースを握る能力を持っている。」

24歳のロフタス=チークはアキレス腱の怪我から復調するために、今季フラムにレンタルされている。

「ここ18ヶ月でプレーできているのはここ数試合だけだが、既に改善している。彼には質の高いプレーを期待している。」