チェルシー関連の最新情報:リオ・ファーディナンドがトーマス・トゥヘルの印象を語る一方、カイル・スコットのMLS入りが噂されている。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

トゥヘルに強い印象を受けるファーディナンド

元マンUのCBリオ・ファーディナンドがトーマス・トゥヘルに強い印象を受けている。

自身のYouTubeチャンネルFIVEでトゥヘルがプレミアで成功するために必要なものについて語るファーディナンド。

「ランパードの行った補強を基にチームづくりをしている。ハフェルツ、ヴェルナー、ツィエクと別のリーグで活躍した選手たちをプレミアリーグに慣れさせる必要がある。」

トゥヘルはチェルシー監督就任以来負けがなく、ホームでは4試合無失点となっている。BT Sportでコメンテーターを務めるファーディナンドは今までに強い印象を受けた監督の一人にトゥヘルを挙げる。

「それさえできれば彼は成功するだろう。監督として大きなインパクトを与えるだろうが、試合について話すとき人間としてはサッカー界において最も強い印象を受けた人のうちの1人だ。まだ始まったばかりだが彼についてファンは非常にポジティブに捉えているだろう。」

トップ4について語るハッセルバインク

シーズン終了時チェルシーは問題なくトップ4入りするだろうと予想するジミー・フロイド・ハッセルバインク。

Sky Sportsの番組Super Sundayに出演したハッセルバインクは、チェルシーのディフェンス強化がシーズン終盤いい結果をもたらすだろうと語った。

「チェルシーのトップ4入りを確信している」と0-0の引き分けに終わったマンU戦後に語ったハッセルバインク。「今のところ失点を抑えているのが大きい。1点取れば試合に勝てるし、相手のカウンターにもそれほど苦しんでいない。」

トゥヘルが監督に就任して以来チェルシーの守備は格段に改善された。3バックに変えて以来、リーグ・カップ戦合わせてこれまで2失点しか喫していない。

「セットプレーでも失点がないのはいい事だ。マンU戦でも勝つチャンスがあったのはブルーズで、トップ4入りも問題ないだろう。」

スコットがFCシンシナティ移籍へ

元チェルシーMFのカイル・スコットがアメリカへ移籍すると報道されている。

The Sunによると23歳のスコットはアメリカにわたりFCシンシナティと交渉をしているという。

The Sunによると23歳のスコットはアメリカにわたりFCシンシナティと交渉をしているという。

昨季ニューカッスルに入団したスコットは契約の切れる夏にMLSのチームに移籍することを希望している。

元マンUのCBで現在シンシナティの監督を務めるヤープ・スタムがスコットに興味を示しているとのことだ。

スコットはブルーズのアカデミーでユース時代多くの成功を収めた。FAユースカップでは3年連続優勝、UEFAユースリーグも2回優勝している。

彼はユース時代現在トップチームで活躍しているアンドレアス・クリステンセン、タミー・エイブラハム、そしてメイソン・マウントと共にプレーしている。

ブルーズのトップチームでは2018年に一度だけFAカップ対ハル戦に出場した。