チェルシー関連の最新情報:ブルーズでテクニカル・ディレクターを務めたエメナロがプレミア復帰、そしてリヴァプールの選手がインタビューでブルーズのレジェンドに言及した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがハンガリー代表DFに興味か

チェルシーがフェネルバフチェとハンガリー代表のアッティラ・サライの獲得に乗り出していると報じられている。

The Sunの報道によると、ブルーズは1月にサライを獲得することを熱望しており、トルコのクラブが資金調達を必要としているため、移籍実現の可能性が高いとのことだ。

この報道によると、プレミアリーグの他のクラブも過去にこのDFに興味を示していたという。

「トルコとハンガリーの両方の報道によると、チェルシーは今シーズンを通してサライの動向を追っていたという。」

「プレミアリーグのトップチームであるチェルシーは、この192cmの長身DFに1700万ポンドのオファーを準備していると言われている。」

「そして、フェネルバフチェは、シーズン途中の資金調達のために、チームの主力を放出する準備をしている。」

サライはハンガリー代表として、ワールドカップ予選のイングランド戦で、ブダペストでのホームでの4-0の敗戦と、先月のウェンブリーでの1-1の引き分けに終わった試合の両方に出場した。

「チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、現在36歳のチアゴ・シウバの後継者としてサライを検討していると考えられている。」

エメナロがプレミアリーグ復帰間近

元チェルシーのテクニカルディレクター、マイケル・エメナロは、ニューカッスル・ユナイテッドにフットボール・ディレクターに就任することが有力視されている。

ナイジェリア人のエメナロは、モナコに移籍するまでの6年間、チェルシーで活躍していたが、エディ・ハウ新監督の後を追ってタインサイドに移る可能性があると報じられている。

The Guardian紙の報道によると、56歳のナイジェリア人はプレミアリーグでの仕事への復帰を望んでいるという。

「エディー・ハウが月曜日にニューカッスル・ユナイテッドの新監督として仕事を始めるためにタインサイドに到着したとき、マイケル・エメナロが間もなくセント・ジェームズ・パークに合流する可能性があることが明らかになった」とガーディアン紙は報じている。

「ニューカッスルはフットボール・ディレクターの採用を検討しており、チェルシーや最近ではモナコでその役割を果たしていた元ナイジェリア代表のエメナロは、先週サウジアラビアのジェッダでクラブの大株主のインタビューを受けたことで、現在は最有力候補となっている」とのことだ。

アレクサンダー=アーノルドが強敵と認めたアザール

イングランド代表のトレント・アレクサンダー=アーノルドは、これまでのキャリアの中で直面した最も手強い相手として、ブルーズの象徴であるエデン・アザールの名を挙げた。

アザールは、スタンフォードブリッジで7年間を過ごし、プレミアリーグ優勝2回、ヨーロッパリーグ優勝2回、FAカップ優勝、リーグカップ優勝を果たした。

Amazon Prime Sportのインタビューによると、リヴァプールのDFは、最も対戦するのが難しかった相手として、ブルーズのレジェンドの名を挙げている。

「エデン・アザールだね」と質問に答えるアレクサンダー=アーノルド。

「短距離ではおそらく最強の相手だ。」

「(ケヴィン・)デ・ブラウネかもしれないが、直接対戦するならアザールだろうね。」

「スピード、敏捷性、ボールを持っている時とそうでない時の彼の意識と知性は、常軌を逸しているんだ。」