チェルシー関連の最新情報:フランク・ルブフがペトル・チェフをサッカー史上最高級のGKと称賛する一方、マイケル・エッシェンが監督をめざす理由を語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ルブフがクラブ最高のGKにチェフを選出

フランク・ルブフがペトル・チェフを史上最高級のGKと称賛した。

Sky Sportsにて2012年にチャンピオンズリーグ優勝を果たしたチームと2000年にFAカップを制したチームからベストメンバーを選ぶことになったルブフは、エド・デ・フーイとチェフのどちらを選択するか訊かれ次のように答えた。

「二人とも素晴らしいGKで強い個性を持っていた。デ・フーイはチームメイトだったけど、チェフを選びたい。レンヌ時代からチェフのことを知っていて、チェルシーに入団しアーセナルでキャリアを終えた。」

元チェコ代表のチェフは2004年にブルーズに入団しデビューシーズンに失点僅か15点でプレミアリーグ優勝を果たした。

「彼は超人的な選手だ。素晴らしいGKは何人も見てきたが、チェフは世界最高峰のGKだった。」

監督のキャリアについて語るエッシェン

現在FCノアシェランにて監督になるために経験を積んでいる元ブルーズMFマイケル・エッシェンがThe Football Rambleのポッドキャストで現役引退後に監督になることを決めた理由を語った。

「監督になった時に選手たちに自分の経験を伝えたい。」

最初は現役を退くことを躊躇し、監督の道を進みたくなかったと明かすエッシェン。

「監督になれるとは思わなかった。現役時代はいつも監督にはならないと言っていたんだ。だけどサッカーが好きだからいつも試合に臨みたいと思った。だから2年前に現役を引退するにあたって監督になるために学ぼうと思ったんだ。」

ファーディナンドがリュディガーを称賛

元マンUのCBリオ・ファーディナンドがトーマス・トゥヘル監督就任後のアントニオ・リュディガーのパフォーマンスを称賛した。

自身のポッドキャストFIVEにてファーディナンドは28歳のリュディガーがチャンピオンズリーグの試合で見せた貪欲さを指摘した。

「リーズ戦とアトレティコ・マドリード戦を見たが、現在リュディガーはトッププレーヤーと呼ばれるに相応しい、素晴らしい集中力を維持している。彼は他の選手に指示を出し、相手の攻撃を防ぎ、立ち上がり、そして恐れることなく相手フォワードと対峙する。」

リュディガーはトゥヘル就任後出場機会を劇的に増やし、14試合中12試合に出場している。

「試合を見たが、思わず声が出るほどのパフォーマンスだった。誰にも負けることなく集中力をキープしている。」