チェルシー関連の最新情報:報道によるとチェルシーはロメル・ルカクの獲得に興味を示している。米代表のグレッグ・バーホルター監督が北アイルランド戦でのクリスチャン・プリシッチのパフォーマンスを絶賛。ガレス・サウスゲート監督がマウントの出場を示唆した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ルカクがチェルシー復帰か

報道によるとチェルシーはロメル・ルカクの再獲得に興味を示しているとのことだ。

Telegraphによるとチェルシーは夏にFWの獲得を狙っており、ルカクも獲得リストに入っているという。

ルカクは18歳だった2011年にブルーズに入団したが出場機会に恵まれず、ウェストブロムとエヴァートンにレンタル移籍し、2014年にエヴァートンに完全移籍した。

エヴァートンで166試合87点を記録したルカクはその翌年マンチェスター・ユナイテッドに移籍した。

ルカクはそれからヨーロッパ最高級のストライカーとなり、現在はベルギー代表、そしてインテル・ミラノで活躍している。

今シーズンはインテルで25点を決めており、アントニオ・コンテ監督の下10年以上遠ざかっているリーグ優勝まであと一歩となっている。

米監督がプリシッチを絶賛

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が北アイルランド相手にマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたクリスチャン・プリシッチを絶賛した。

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が北アイルランド相手にマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたクリスチャン・プリシッチを絶賛した。

プリシッチは自身で獲得したPKを決め2-1の勝利に大きく貢献した。

試合後の記者会見でバーホルターはプリシッチのプレーを称賛した。

「プリシッチについて言いたいのはボール際での素晴らしいプレーではない。今日の試合、彼は闘う姿勢を見せた。そういうタイプの選手ではないが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。それが今日一番の収穫で絶え間なくプレスをかけ続け、もちろんボールを持って相手にとって脅威となった。」

プリシッチは代表の活躍を基にクラブでもリーグ戦でトップ4入りを狙い、チャンピオンズリーグやFAカップの大事な試合に臨みたいところだ。

「個人的にはそれがプリシッチの次の目標となるだろう。今日のようなプレーを見せれば結果は自然についてくるだろう。彼は想像力のある選手で今日の試合では試合前、試合中、試合後の姿勢も素晴らしかった。」

サウスゲートがマウントの先発を示唆

ガレス・サウスゲート監督がメイソン・マウントをスタメンから外せないことを明らかにした。

メディアに対してサウスゲート監督はイングランド代表でまたもや素晴らしい活躍を遂げたマウントの重要性を説いた。

「彼は非常に優れた選手だ。これはこの秋にも言っていたことだ。彼は秀でた選手でスペースを見つけボールをうまくコントロールしゴールを決める能力がある。今夜の彼のプレーは素晴らしかった。」

サウスゲートはポーランド戦でもマウントを起用する可能性が高いと言う。

「最初の試合に出た選手たちはコンディションを見る必要があるが、彼に関しては週半ばにチャンピオンズリーグの試合もなかった。ワールドカップに出場するためには選手の入れ替えばかりを考えてはいられない。」