チェルシー関連の最新情報:グスタボ・ポジェがフランク・ランパードのチェルシー監督としてのこれまでの出来を評価、データから見るとクル・ズマの守備能力が高いことがわかる。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ランパードに好印象を持つポジェ

ズマの驚異的なデータ

契約終了したPSGからチアゴ・シウバが加入したことにより、共にプレーするズマも急速に成長している。

スイスに拠点を置くサッカーの研究と教育を専門とする独立機関であるCIESフットボール研究所によると、クル・ズマのヘディング能力は世界第1位であるというのである。

欧州主要10リーグのデータから見ると、クル・ズマは今季27回の空中戦を26回制しており、勝率は96.3%となっている。

プレミアリーグで次に来るのは90%(30回中27回成功)のハリー・マグワイアだ。

ズマの活躍はディディエ・デシャンの目にも留まり、フランス代表にも召集されている。ランパードとデシャン両者が、ズマが好調を維持することを期待しているだろう。

カンテのFIFAカードがアップデート

今週多くの選手が代表戦に臨んだが、カンテのポルトガル戦でのプレーは特筆すべきものだった。

フランス代表としてプレーし、決勝点を決め、試合後にはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

カンテのFIFAでの能力は88となっているが、今回アップグレードされれば、多くのチェルシーファンが彼のカードを獲得したいと思うだろう。

更にアップグレードが予想されるのがドイツ代表のティモ・ヴェルナーだ。ヴェルナーは3-1で勝利したウクライナ戦でも得点を決めた。スピードの速い選手としてアップグレードされると、FUTにおいてディフェンダーは彼を抑えるのに苦労するだろう。