チェルシー関連の最新情報:ハーランド獲得によってチェルシーは非の打ち所のないチームになると考えるマイカ・リチャーズ。一方マーク・グエヒはジョン・テリーの与えた影響について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

リチャーズがチェルシーのハーランド獲得を希望

マイカ・リチャーズはチェルシーがエーリング・ハーランドを獲得することで完璧なチームになると考える。

BBC Sportにて元マンCのリチャーズは2-0でシェフィールド・ユナイテッドを破りFAカップ準決勝進出を決めたブルーズのパフォーマンスを称賛した。

「彼らは全てを兼ね備えている。守備の問題を解決し、あとはストライカーさえいれば完璧だろう。」

チェルシーはこの夏今ヨーロッパで最も活躍している選手の一人であるハーランドの獲得を狙っていると言われている。

ハーランドはボルシア・ドルトムントでゴールを量産し、今季はリーグ・カップ戦合わせて31試合で33得点を記録している。

「ヴェルナーとハフェルツに加えハーランドが入れば来シーズンは非常に強いチームになるだろう。」

テリーの影響について語るグエヒ

今季スウォンジーで高いパフォーマンスを発揮し周囲に非常に良い印象を与えているマーク・グエヒ。

The Athleticのインタビューでグエヒは、元ブルーズ主将で現在アストンヴィラにてアシスタントコーチを務めるジョン・テリーの影響について語った。

「テリーが現役時代、彼と一緒にトレーニングをする機会が何度かあった。彼だけでなく、キャリアの異なる他の選手たちからも多くを学んだ。非常に良い経験だった。」

グエヒはチェルシーからスウォンジーにレンタル移籍し、最近このクラブで50試合出場を達成した。そしてテリーが歩んだキャリアに近づきたいと語るグエヒ。

「テリーは非常に目立つ選手でイングランド、そしてチェルシーで主将を務め素晴らしいキャリアを築き上げた。若いディフェンダーとして彼を目指してきたし、模範的な存在だった。」

コールがプリシッチを称賛

アシュリー・コールが日曜に行われたFAカップ対シェフィールド・ユナイテッド戦でのクリスチャン・プリシッチのプレーを称賛した。

BBC Sportにて元ブルーズのコールは、プリシッチはブレイズ戦でのパフォーマンスについて胸を張るべきだと語った。

オリヴァー・ノーウッドのオウンゴールとハキム・ツィエクの得点で勝利し、準々決勝でマンCと対戦することになったブルーズ。

「昨シーズン彼はチェルシーのキープレーヤーだったが、今シーズンは負傷によりコンスタントに試合に出られなくなった。今日の彼のパフォーマンスは良かったし、ゴールを決めてもおかしくなかった。だけど彼は喜んでいると思う。」

22歳のプリシッチは水曜日のチャンピオンズリーグ対アトレティコ戦でも途中出場し、エメルソンのゴールをアシストした。

代表戦から戻り、このようなパフォーマンスを維持することが期待される。